スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:《フェアリー・ライフ》はなぜ強いか?

一城さんと「最近、《青銅の鎧》がデッキに入らないよね」という話を以前しました。
今、その枠には《フェアリー・ライフ》が入っています。
なぜ、《フェアリー・ライフ》は、ここまで評価が上がったのでしょうか?
少し考えてみました。
理由としては、「2ターン目に使えるカードで、もっともアドが稼げる」からです。
《フェアリー・ライフ》は2ターン目に打つと、驚くべき能力を発揮します。
「あなたは、このターンに引き続きもう1ターンを得る。」
ほとんどこれに近い効果があります。
(もちろん厳密に言えば、違いますが)

これだけでは答えに行き着きません。
「ライバルとなる2マナ粋のカードが少ない」ことがもっとも重要です。

ためしに、DM vaultで2マナのカードを「使いそうな順」で並べると、トップ10は次のようになります。
(2009/07/12現在)

・フェアリー・ライフ
・幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
・エマージェンシー・タイフーン
・ダンディ・ナスオ
・スパイラル・ゲート
・光波の守護者テルス・ルース
・エメラル
・腐敗電脳メルニア
・チッタ・ペロル
・鼓動する石版

どれもお馴染みですが、《鼓動する石版》を除いて、どのカードも「デッキを選ぶ」カードです。
エメラルは、残念ながら殿堂ですし、幻緑の双月はスピードは同じですが手札が減りますので、「後の手札補充」が必要になります。

これらの上位陣の2マナ枠を入れる必要性が見出せないデッキは、2ターン目にすることが何もなくなってしまうわけです。
1ターン、何もしないという無駄が、どれだけ勝利への妨害になるか、皆さんの方がよくわかるのではないでしょうか?

「2マナ枠にライバルが少ない」という前提を踏まえたうえで、「数ターンにまたいで」考えると、《青銅の鎧》の弱点がわかります。
○2ターン目を捨てる→《青銅の鎧》→5マナ粋
○《フェアリー・ライフ》→4マナ粋→5マナ粋
4ターン目の時点で、どちらが優位に動いているのか、結果は明白です。
だからこそ、優先的にデッキに入るカードは、《フェアリー・ライフ》になったわけです。
この理屈で考えれば、《青銅の鎧》が《フェアリー・ライフ》より強いときは、「2マナ粋で優秀な動きをするシステム系カード」を使うデッキの場合です。
○2マナ粋→《青銅の鎧》→5マナ粋
という無駄のない動きが可能になるからです。

数ターンにまたいで強さを考えるのは、もっと重要になってくるかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

初めましてー。vaultさんから飛んできました。
ぷらむと申します。宜しければ以降お見知りおきを。

>青銅とライフ
記事内容について。
ライフが昨今台頭してきている理由、翻って青銅が“使われなくなった”理由についてのコラムであると認識したのですが(冒頭の疑問提起)、その点について殆ど触れられていないのが気になりました。

以前青銅が好んで使われていたころ、Kanjuさんの仰るように2ターン目にブースト以外の要となる行動や強い行動を緑入りのデッキが行う事は少なかったです。
それどころか、青銅に加えて、2マナ域にライフではなく双月を採用するデッキが殆どでした。
つまり、青銅が使われなくなり、そしてライフが使われるようになった理由は、ターン数云々とは根本的に別の所に存在するはずです。

かつては、ライフより青銅を優先する理由があった。ターン数よりも重視すべきファクターが環境に存在したのですよね。
そしてそれが今は存在しないから、ライフが使われるようになった。
要はそう言う事ではないのかなと思います。

ぷらむさん
はじめまして
>青銅が“使われなくなった”理由についてのコラムであると認識したのですが(冒頭の疑問提起)、その点について殆ど触れられていないのが気になりました。

はいその通りです。
ただ単に、「フェアリーライフの現在の強さを述べていた記事」が、ボリュームが足りなくて、きっかけを付け加えたら、主題が中途半端な記事になってしまいました。

青銅の鎧が使われなくなった最大の理由は、「母なる大地」だと思います。
青銅の鎧→母なる大地の流れなら、
3→6、さらにマナが3余るという流れが可能です。
さらに、薔薇城の存在で、立っているだけのパワー1000の存在価値がなくなり、今の衰退につながっているかと。
非公開コメント

トラックバック

DM:《フェアリー・ライフ》か?《青銅の鎧》か?

JUGEMテーマ:デュエルマスターズ(デュエマ) Kanjuさんの記事を受けて、さらにもう一歩突っ込んでみることにします。 今の環境は、以前に比べると《フェアリー・ライフ》が良く使われているように思います。 その理由としては、 1.《フェアリー・ライフ》によ...

《フェアリー・ライフ》が選ばれる理由

仕事が終わったのでトラックバック。

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。