スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードの強さは、環境によって変化する

「カードの強さは相対的なもの」と考えています。
他のカードと比較して、その強さがきわまる。
《サイバー・ブレイン》が強いのは、《トリプル・ブレイン》や、《ネオ・ブレイン》等、他のドローカードと比べて圧倒的なコストパフォーマンスを誇るからです。3マナで同じカードが出たら、誰も使いません。

時代によって強さが変わったカードとして、《ナチュラル・トラップ》を例にしましょう
昔の《ナチュラル・トラップ》といえば、《デーモン・ハンド》の下位互換という扱いでした。
同じマナコストで、シールド・トリガー。相手のマナを増やすよりも、破壊したほうが圧倒的にお得でした。

現在は昔よりも、《ナチュラル・トラップ》を入れることができます。

それはなぜか。
昔は、ブースト能力も緩やかで、4,5マナから1マナ加速は、ありがたいものです。
それに気が疲れると、このカードは弱いカード扱いされました。

《母なる大地》全盛期は、マナに送ったカードが《母なる大地》で引っ張り出されて、マナ送りは意味を成さなかったのです。さらに、《母なる大地》自身が除去を兼ねる強力トリガーであったため、《ナチュラル・トラップ》氷河期といっても良い時代でしょう。

ところが、いまはだいぶ評価が変わってきました。
ブーストするのが当たり前の環境で、目標マナ数に到達していれば、1マナ加速は、さほど気にはなりません。また、墓地に関係するカードや、破壊されたときに発生するカードも増えたため、マナに送ることがメリットになることもあります。
クリーチャーの大型化で、《地獄スクラッパー》が相対的に弱体化してます。

黒が入らない場合の確定除去。自然のトリガーで選ぶなら、これ!
現在、この地位くらいまでは汚名返上したでしょう。

周りの環境に振り回されるカード、《ナチュラル・トラップ》。
カードの強さが相対的だと、示す良い見本ではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

いやー

ホントおっしゃる通りです。
DuelMasters Tips出張所になってるじゃないですかw

今は≪ナチュラル・トラップ≫おしおしですからねー。

≪紋章≫や≪大地≫をなかなか見なくなったので強力になったと。

>Basquiatさん
ありがとうございます。
役に立つ記事も、ごく稀にありますよ!
ないと、存在意義が・・(涙)

>季風さん
今は、信頼して使えますよね。
やはり大地が消えたのが大きいと思います。

今後は、墓地で効果が発動するような強力クリーチャーがでれば強化されますし、マナゾーンで発動するような強力クリーチャーがでると弱体化します。
常に不安定な立ち位置にですよねw
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。