スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:妄想デュエル戦記「デュエルマスターK」1024話

実況「日本代表決定戦。決勝トーナメント第一試合はKanju選手 対 妹選手だ!
   妹選手はライバルA選手の妹で、兄妹揃っての決勝トーナメント進出!1、2フィニッシュもありえるぞ!」

Kanju「よし!デュエルスタート! 《魂と記憶の盾》をマナチャージしてターンエンド!」
妹「はじめまして~よろしくお願いしますぅ。実は、私、このゲームはじめたばかりなので、よくわかりません。ちょっとそのカードを見せてください。」
Kanju「あ、どうぞ」
妹「なるほど、シールドが1枚増えて、守りが硬くなるんですね。こんなカードもあるんだ。お兄ちゃん教えてくれなかったなぁ」
妹「じゃぁ、私のターンドローします。えーっと、このカードはなんだったっけ…。あ、そうそう。」
  それでは、《地獄スクラッパー》をマナチャージして、《ブレイズ・クロー》を召喚します。えーっと、これで、ターンエンドかな」

~5分後~
妹「そのカードを見せてもらえますか?」

Kanju「はい!速く読んで!」

妹「そ、そんなにせかさないでください」

~~~~~~~~~~~

仲間A「何、あの女!もたもたして!はやくしなさいよ!」
仲間B「あの状況は非常にまずい。ライバルAの奴、やるな…」
仲間A「いったいどういうこと!?」
仲間B「公式大会決勝トーナメントは、10分間という時間制限がある。」
仲間A「え?じゃぁ、10分間経ったらどうなるの?」
仲間B「残りシールドの多い方が勝ちだ」
仲間A「じゃぁ、もうシールドを2枚割っている、あの女が絶対有利じゃない!Kanju君急がなきゃ!」
仲間B「それが、ライバルAの狙いなのさ」
仲間A「どういうこと?」
仲間B「10分間のうち、妹がプレイしている時間が7分だったら、Kanjuがプレイできる時間は3分しかない。
妹が使っているのは速攻デッキ。普通だったら、5、6ターンのうちに勝負を決められなければ負けだ。
しかし、90%負けの状況になっても、コントロールデッキがフィニッシュするまでに数ターン必要だ。
    もし、5、6ターンの時に10分経ってしまったらどうなる?」
仲間A「あの女が、シールドの枚数で勝ちになるのね!?なにそれ!ずるい!時間稼ぎで反則はとられないの!?」
仲間B「この大会のような大きな大会であれば、意図的な遅延行為は警告を受ける。
    しかし…あの子、本当に素人みたいだ。
    わからないことがあったら、いちいち対戦相手や審判に確認するしかない。
    これを遅延行為としてしまったら、このゲームを遊ぶ人は誰もいなくなる。」
仲間A「なにそれ!?ずるい!」
仲間B「それが、ライバルAの計算なのさ。デッキそのものはライバルAが構築した強力な速攻デッキ。
    プレイヤーはその使い方しかしらない。ゆっくりプレイのど素人。コントロール系のデッキには、最悪の組み合わせだ。」
仲間A「じゃぁ、ガチガチのコントロールのKanjuは、もう勝目がないじゃん!」
仲間B「いや、そうでもない。見てみろ」

~~~~~~~~~~~

Kanju「俺のターン!ドロー!水マナチャージして、《ストーム・クロウラー》を召喚!
    このカードはパワー5000の攻撃ができないブロッカー。召喚したときにマナゾーンのカードを手札に加えることができる!
    《スパイラル・ゲート》を回収!このカードはS・トリガーつきで好きなクリーチャーを手札に戻すことができる!
     残り2マナで《スパイラル・ゲート》を使って、バトルゾーンの《放浪兵エルジージョ》を手札へ!
    バトルゾーンにある《アクアン》で、《ブレイズ・クロー》にアタックして破壊!ターンエンド!」

~~~~~~~~~~~

仲間A「は、はやい!何あのプレイングスピード…。しかも的確で、カードを知らないあの子のために説明まで加えている…。いつ考えているの?」
仲間B「考える時間はある。相手のターン中にだ。」
仲間A「でも、妹が何をしてくるか、次に何を引いてくるかなんてわからないじゃない?」
仲間B「いや、妹は赤単速攻。デッキ内容や行動パターンは少ししかない。
    Kanjuのデッキに何のカードが入っているか、自分自身はわかってる。
    だから、相手ターン中に手数を予想して、何をすべきかと考えることはできる。
    いつもプレイングが遅いKanjuなのだが、このデュエルで一つ成長したようだな…」
(続かない)

ジャンケンで行こうとしたけど、あまり思いつかなかったので、昔のネタを引っ張り出してきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。