スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:タワーデッキの基本戦術

DMのタワーデュエルの基本戦術です。

1.有利なら、ためらわずシールドを殴れ
2.序盤はマナを置くな
3.負けそうになったら、どんどんマナを置け
1.有利なら、ためらわずシールドを殴れ
良心的なタワーデッキ構築者なら、「圧倒的に有利な状況」を作らせないように、タワーを設計します。
そうしないと面白くないから。
通常環境のセオリーである「シールドを使わせない」という戦術は使えません。
クリーチャーを溜め込んで、殴らないでいれば、それを幸いにガンガン除去がとんできます。
それだったら、少しでもシールドを削ったほうが有利です。
殴り返されないなら、ためらわずシールドを割りましょう。

2.序盤はマナを置くな
この環境で、マナを置くことは
・自分の手札-1
・自分のマナ+1
・相手のマナ+1
となり、一方的に相手にアドバンテージを与えます。
自分はマナを置かないで、相手に置かざるを得ない状況を作り出すようがんばりましょう

3.負けそうになったら、どんどんマナを置け
序盤でどんなにアドバンテージを稼いでも、手札を残してゲームにまけたら、残した手札分アドバンテージで不利になります。
特に負けそうなときは、マナがあまろうが出し惜しみせず、重呪文を2回撃てるよう、どんどんマナをためましょう。
スポンサーサイト

コメント

1~3がスッポリ当てはまるタワーデッキは無問題ってことですねw
私のは序~中盤は5・6マナで動けますが、終盤は気がつくと10マナくらいに膨れ上がってることが多いです。

そろそろ第2弾を構築したいのですが、まずはテーマを決めないと…

終盤マナがたまるのはよいデッキの証拠だと思います。
不利になってきたり、重要局面でマナを置くのをためらうと負けますから。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。