スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナー的にどうなんだろう?

シノビが手札に一枚ある。
シノビがなければ積んでる。
デュエル中にシノビは見せてない。

こういうときに、「あぁ負けた」というブラフをして、相手がそそくさとターンを終わらせるのを待つ。
そこにシノビで防いで「残念でした!」
マナー的には白か黒か?

レギュラーの決勝では、シノビがあるかないかの判断が、差をわけた名勝負を産んだ。シノビシステムの素晴らしいプラスの面。
手札がある以上、シノビの可能性が捨てられず、最後の1ターンをきちんとプレイしなくてはいけないし、ブラフのために簡単に投了できないのがめんどくさい。これが罪。
スポンサーサイト

コメント

マナー的には黒に近いグレーでしょうか。
ルールで禁止されているわけではありませんが、
少なくとも大会ですべきプレイングではないような。
ましてやフリーでも、そこまでして勝ちたいの?と。
遊戯のように負け確定で伏せるブラフとはまた違うような気がします。
まあ普段からシノビの可能性を頭の片隅に置きながらプレイするのが安牌っぽいですねw

お初です。
自分はそういう駆け引きも含めての楽しめるので白だと思います。
ただ初心者にはやるのだけは駄目でしょうね。




それと、最後の1ターンをきちんとプレイしなくてはいけないって当然じゃないですか?


>虎さん
フリーではすべきではないと思いますが、逆に大会ならありだとは思います。自分がやるかどうかは別にして。
シノビの存在は分かり切ってることですし、ブラフも駆け引きの一つですから。
相手を脅したりしてるわけじゃないですし。

>名無しさん
たしかに初心者に使うのは人として最悪ですね。

シノビが出る前は、手札、シールドにどんなカードが存在していても勝てるという状況はたくさんありました。そういうときはそのまま殴り勝てば大丈夫でした。
こういうときはきちんとプレイする必要はありません。

ですが、シノビが出た後は、手札の枚数だけシノビが出る可能性があるわけで、「たぶんシノビ入ってないだろうな」という状況でも1枚差しされたシノビの可能性がある以上、手を抜いてプレイできません。
そのため、よほどの物量差がないかぎり、手札が1枚でもあれば、凌がれる可能性も含めて、最後の1ターンをきちんとプレイしなくてはいけない。

どちらもある意味最後の1ターンはきちんとプレイするのですが、詰んでいる状況が発生しにくくなったため、「まず勝ってるけど」よけいにプレイしなければならない状況というのは増えたと思います。

一見さん的な大会であればアリでしょう。
勝ってプロモ貰ったらサヨナラですからね。

しかしよく行くような場所であれば「マナー的に」すべきではないかな~と思います。
参加者には小学生や初心者もいるでしょうし。
それを見ていたギャラリーも含めて、印象はよくないと思います。
カードを通して交流するなら、の話ですけど。

あとはブラフの程度に寄るような。
「あ~負けた」と口に出したら黒、「あ~負けた」という表情や仕草なら白かな~と。
ブラフというと聞こえはいいです。
もちろん表情や仕草はテクニックでしょう。
私もシノビが手札にある際は、諦めたかのようにターンエンドしますからw
しかし嘘を口にするのはマナー的には黒だと思います。

なるほど、口にするかしないかで、マナー的に黒か白かを分けるというのは、たしかに明確でわかりやすいですね。納得しました。

これ遊戯王でやったことある・・・
相手がケント自分の場に弾圧がふせてあるときでガイザだすかまよってるときに「あぁガイザだされたらおわりや。」っていったらガイザだしてきて弾圧で破壊してやった・・・
これは白か黒どっちですか?

友達とやるときには、すべきではないと思います。
目先の勝利よりも、友達を亡くすことを恐れるべきです。虎さんとのやりとりのように、カイザを出して欲しくないというふりまでは、OKだと思いますが。

マナーといえば・・・
はげしい手札シャッフルや手で音をたてたりするのはどうおもいますか?

そういう人とはプレイしたくないです
非公開コメント

トラックバック

[thiary]たまには無精して・・・

星間受信機に楽をさせてもらいましょう。 実演の意味をこめて、今回は巡回サイト風に。 ・ニンジャストライクの生んだ問題 ニンジャストライクに関するQ&Aは数知れず、 また、実戦での判断も、ニンジャストライクによって複雑化してきましたが、 一方で、デュエルの勝敗

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。