スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルールをざっと見たのでTCG的に解説。ざっとなので、どこか間違ってるかも。

デッキは「地球防衛」デッキと、「地球破壊」デッキの二つを準備。
常に「地球防衛」VS「地球破壊」で戦わなくてはならないようだが、ルール的には「地球防衛」VS「地球防衛」という対決もでき…そう。
ターン「先攻、後攻、バトル」という順で進んでいく。
毎ターンできることは、土地(マナ)を手札の限り場に置いて、マナの限り手札のクリーチャー(モンスター)を場に出せる。
バトルは、パワーの多い方が勝つ。常に貫通ダメージが行く。勝った方が次のターン先攻になる。
遊戯王形式で、15点のライフを競い合う。
そして、ドローは毎ターン5枚になるまで引きまくる。

遊戯王的なおおざっぱさを、マナの存在で和らげたのかなというのが第一印象。

手札が5枚になるまで引くというルールなので、とにかく手札を使い切った方が強いのは明白。
序盤から使い切るために、土地を増やすと後半土地が腐り、土地を減らすと、大量にカードを消費できない。というアンバランスさが構築のジレンマになりそう。
ただ、バトルに負けた方は全滅し、勝った方が生き残るというルールなので、序盤の局面で場を固めてしまえば、そのまま勝てるというゲームになる予感がヒシヒシ。

このゲームの面白いところは公式でオリカを推奨していること
というわけで、早い者勝ちでオリカを作ってみたよ!
いきなりブラックなのをやると、開発者に怒られかねないので、穏やかにしてみました。

スラッシュドットでも突っ込まれてたけど、企業の活動をカード化しませんか?というページがある。

こういった活動団体のカードは強くしなくてはいけないのが、大人の事情。ルール構成を見ると、TCGのゲームバランス作成に習熟しているとは思えないので、NPOカードが壊れで、地球を簡単に救えるようになる予感がする。
ブログを調べてみたら、すでに限定版カードが存在している。このゲームをやったことないけど、「環境特集記事」は明らかにヤバイんじゃないか?

コスト2
山札にある「人」を5枚まで選ぶ。それらを場に出す。

「人」がどんなカードか分からないけど、コスト2で5枚サーチ、場に出す。これはヤバイ。
どこで売ってるんだろう?朝日新聞の店に行ってこよう。

これだと、デュエルマスターズの「殿堂」にあたる、禁止カードの名称も考えておかないと。
「朝日新聞の環境特集記事を禁止にします」とか言えないよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。