スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:速攻の公式向け戦術2

1ターン目:「う~ん。初手にどれをマナに置くか悩むなー」
2ターン目:「すみませ~ん。その手札をシャカシャカするのが、とてもうるさくて、考えが散るので、やめていただけませんか?う~ん。やめていただけないのなら、ジャッジを呼んで確認して貰います。」
「さて、どれを召喚しようかなぁ~。2ターン目は選択肢が多くて困る」
3ターン目:「あの~、もうしわけないのですが、その体の貧乏ゆすり、凄い気が散るので、本当に迷惑しているのですが~?やめていただけませんか~?」
「トリガーも考えると、このターンはこのクリーチャーを出した方がいいのかな~?」
相手ターン:「いや~、公式大会って初めてで、緊張しますね~。こうやって声を出していないと、間が持たなくて。」
「え?静かにしろって?すみません。私としたことが、自分で注意しておきながら。ハハハ」
4ターン目:「あれ?時間がもう大分経ってしまいましたね。プレイングを急がないと。いけません」
相手の悪い癖を指摘しながら、時間を稼ぐとGood。
相手が癖を辞めてくれれば、いつもと違うプレイングをしなくてはならず、判断ミスを誘える。
相手が反論してきたら、その分だけ時間を稼げる。

公式での遅延の扱いが今ひとつ不明なのだけど、コントロールのプレイング速度に合わせる義理はさらさらない。反則負けをととられない程度にゆっくり、確実にプレイは大丈夫であろう。

根本的な問題点として、環境で速攻が勝てないという悲しい現実があるけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。