スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:時間切れを踏まえた戦術

公式の10分間時間切れを踏まえた戦術を考えると、スターマンデッキはどうなんだろう?
普段のプレイと違い「10分経過後にシールド枚数の多い方が勝ち」という「新しい勝利条件」がつくので、「シールド枚数」の価値は、通常の構築より遙かに高まる。
積極的な遅延行為などしなくても、コントロールよりにすれば、時間切れになるのは必定。シールドを増やしまくって、最終ターンに一斉攻撃で枚数差をつけて勝利という戦術はあり。トリガーとかほとんど関係なくなるし。
ターニングポイントでじっくり考えても自分が不利にならないというのは、公式という緊張感を考えても良いと思う。誰もやってないということは、今の環境だと有効でないのかな?
スポンサーサイト

コメント

予選は「決着がつかないと引き分け」だったはず。
そのため10分で「勝利」しなければなりません。
決勝トーナメントはシールド枚数の判定かもしれませんが、スターマンで予選を突破できれば・・・でしょうか。

あれ。いつの間にかルール変わってたのか、決勝のルールだけしか知らなかったんですね。
そこら辺のレギュレーションを探してみたのですが、詳しく乗っているところが見つからなくて…
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。