スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG:アバタートークンを立体化してみた

R0023737.jpgシャドーアートひさびさのMTG。ゲームに使えるのがミソ。
アジャニ使いのちんぺ~さんにあげました。作戦としては、アジャニが出てきたときに「アバタートークン!」とリクエストして、+1/+1カウンターを乗っけるべき時に、回復させること。
「ゲームで使えるシャドーアート」ということで、トークンはとても面白いです。ただ数が必要な物が多いので、シャドーアートにすると「もっと数を作れ」と言われてしまいます。そのため、レアトークン以外に適当な物があまりないのが悩みどころ。
例によって、動画と立体視を用意しました

avater12.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。