スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスギアのデメリット

クロスギアは、全体的にコストパフォーマンスが悪い。

例えば2マナのクロスギアが効果を発揮するには、4マナ必要になる

使用される部類に入る「ファイアー・ブレード」でも、
4マナでようやくスピードアタッカー付与。
呪文だったら1マナで解決できてしまう能力。

2回使用できても、
ジェネレート2マナ+クロス2マナ×2=6マナ
これで2枚分の働きをしても、ちょっと割にあわない。

それゆえにクロスギアは、何回もクロスしてようやく割に合うカードと言える。
コストが1増えるたびに、使用マナが倍になるので、1マナより重いクロスギアは、シナジーがよほど良くないと使いづらい。
--------ちょっと横道--------
そんなわけで、割に合うクロスギアというのは少ない。

《バジュラズ・ソウル》が例外的に強い。
ジェネレート+クロスして10マナ。それでも
《マナ・クライシス》×2+《マグマ・ゲイザー》
の若干弱めの能力とはいえ1枚のカードでこなしてしまう。
この能力を5マナ追加ごとにで複数回起動できるのだから、
いかにパフォーマンスが良いかわかるだろう。

他にもクロスしなくても効果を発揮する《ノーブル・エンフォーサー》系統や、《ペトリアル・フレーム》なども例外。
--------ちょっと横道--------

軽量のクロスギアが強いかと言うと、色拘束がきつく、多色化が難しいという欠点を抱えている。
例えば、

《シャーマン・ブロッコリー》&《エメラルド・クロー》

この2枚を出してクロスしたい。計算するとたったの4マナ。
出すのが簡単…とおもいきや、召喚、ジェネレート、クロス、合計3枚の自然マナを含まなくてはならない。

2色でも色は揃いにくい。ましてや3色は無理。
軽量クロスギアが優秀でも、小回りが効かず多色化が難しいのだ。

それゆえに、現段階でカードプールが少ない、サムライデッキは難しい。
でも、そのアンマッチぶりがツボにはまる。
何かできそうだが、パズルが組み合わさらない
軽量サムライデッキが面白そうなのだけど、上述の理由で簡単には回らない感じ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。