スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能力と絵柄の関係

TCGに慣れてくると、初見のカードでも絵柄で能力が推測できる。

言葉で説明できるような例を上げる
人や生物が中心に描かれていない系の絵が強い傾向にある(土地除く)
そういった絵柄は、「単体」に及ぼす効果ではなく「全体」に及ぼす効果である可能性が高いからだ。
「全体」に影響を与えるカードは強い可能性が高いので注目株。

攻撃力が高い、防御力が高いという分かりやすい能力は絵柄で表現がしやすく、分かりやすい
逆に強いかどうかは見抜きづらい。
平地に絵のはみ出しが少ないキャラは、パラメータが低い。
荒々しい場所にいるようなキャラは生命力が高いし、強いキャラは大きいことが多いので、画面をはみ出すくらいに描かれる傾向にあるから。

「シンプルなシルエット」のキャラのカードは強いことが多い。
そういったカードの能力は「強さでない能力」を持っているゆえに、普通の絵柄では表現できない。
そのために、抽象的な形状を持つことになる。
「強さではない能力」は、オンリーワン能力である可能性が高く、要注目カード。
人間系だと、戦闘力がない装備をしてると、こういうカードの可能性が高い


そんな案配。

能力を元に絵柄が決まる場合が大半なので、能力が絵柄に反映される。
そうすると「~な能力はこういう絵柄」と、ある程度能力は推測できる。
信頼性はかなり低いけども、慣れないTCGのカードを見てるときなんかは役に立つ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。