スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:カードゲームは投資もできる

TCGは将来値上がりしそうなカードを先行して買っておいて、あとで価値が出てきたあとに回収をするという遊びもできるわけです。
タルモゴイフで一発当てて以来、それを期待して遊びで買ってます。
基準としては「強いと思う」カードははずれます。
「強い」と思うカードは、大体みんな同じことを考えるので。

現実的なねらい目は、弱そうでも「オンリーワンの能力」を持っているカード。
特に「相方がいない」なんてカードは最も期待値が大きいでしょう。

MTGで言えば《風景の変容》。
相方の土地さえ見つかれば、化けます。
あとは《蒸気打ちの親分》も投資対象として最高。
からくりが出てきても、クソレアという恐怖もありますが。

今日、投資対象として買ってきたのが遊戯王の《火の粉》
究極のネタカードですが、遊戯王には
「ネタカードを救うカードを出して、過去のカードの価値をあげる」
という傾向があります。
《ワイト》が立派なデッキになっているのが、その証拠の一つでしょう。
となると、ネタとして強すぎるカードは、今後救済される可能性が高いわけです。
《火の粉》を集めておくというのは、悪いことではないでしょう。
ネタ色が強いカードは、無限回収をしても「それはそれでネタ」というおいしい特典があります。

とはいえ、投資はあくまでも遊び。
20円とかなら5枚買っても100円で済みますが、100円で4枚買うと400円。
この損失を取り返すのは至難の業なので、本当にネタで安いカードだけにした方が無難かと思います
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。