スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCGの販売戦略における一考察

販売戦略として、「~の数が、所有できるデッキの数」というカードはガンガン放出すべきと考える
遊戯王で言えば現環境のミラーフォース、魔導戦士ブレイカー。
ドロー源が唯一そうだったときの天使の施しなど。
DMだと母なる大地やら、強力シールドトリガー群。

たくさんデッキを作りたい上級者にとっては、
作れるデッキの数が増える=集めるカードが増える=売り上げが増える
ってことだし、初心者には圧倒的強さをもつカードが手に入らなくて、資産格差によりさっさと辞めるというのを防止できる。
強すぎるカードが希少であると、そのカード1枚で勝敗に大きな差が出ることになり、TCGにはまっていない初心者が、簡単に諦める動機付けになる。

逆に、なくてもいいけど、できれば欲しい強力なカード、
遊戯王だったらDDアサイラントや、お注射天使リリー。
なんかはレアリティを高くすればいい。

出し惜しみをすべきカードでは、DMのエルジージョが絶妙な立ち位置。
これ以外のパーツの入手は容易ですぐ作れ、代替カードがある。
デッキをもう少し強化したいと思ったときに、必要なレアはたったの4枚。
これくらいの位置づけが、プレイヤーの所有デッキ数を増やすのを阻害せず、パーツは揃いそうで揃わないから、パックやシングルで買わざるを得ない。
こういうカードを出し渋っておくのが需要喚起に最適ではないだろうか?

MTGは、強いカードの配布戦略を怠ってるから、遊べるデッキを一つ組むにも資産が極端にかかってしまい、初心者やカジュアルを逃がしてると思う
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。