スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏人から見たお勧めTCG

と言っても、全部のゲームをやってるわけではないので、遊戯王、DM、MTGだけ。
この中から「おもしろさ」ではなく「お金をかけずに遊ぶ」という観点から、比較をしてみる。
遊戯王:
カジュアルプレイヤーにとっては、最も資産がかからず強くなれるゲーム。
構築済み二つあれば、とりあえず遊べるし、そこから2~3000円足せば、十分強いデッキが作れる。
ゲーム性が他のTCGと全く違うので新鮮な感じも味わえ(逆に違和感を感じてできない人もいるが)、また競技人口も多いため、サブTCGとしてお勧めである。
ただし、トーナメントになると、ゲーム付属、書籍付属、Vジャンプ定期購読付属というヤバイカードがついて回るため、かかる資産は一気に増える。

DM:
トーナメントプレイヤーにとっては、最も資産がかからないゲーム。
トーナメントプレイヤーの欲しいカード(強力レア)と、メインの子供層の欲しいカード(光り物派手カード)がまったく違うため、大幅に高騰するカードというのがあまりない。
一時期、光ってもいないレアの「母なる大地」が1000円を超えた!とか、大弱りしてたけど、母なる大地レベルのカードは、他のゲームだったら2000円超えてるのがあたりまえ。
その他特定デッキの必須パーツですら、500円以下は余裕。100円で手にはいることも普通である。
今なら、ゼロデッキを一通り揃えるだけで、強力デッキの基盤も簡単に集められ、母なる大地の供給不足も解消された今、トーナメントシーンに躍り出るにはDMを始めるのがいいだろう。

MTG:
残念ながら、カジュアル、トーナメントを問わず、資金力のない人にはお勧めできない。
トーナメントに近いプレイヤー層が主流のためか、使えるカードと使えないカードの価格の二極化が激しい。
実用性があれば、皆がシングルで買い集めるため、一瞬で1000円を超える。
ちょっと使えるだけで500円オーバーは余裕。
その上デッキ枚数は60枚と、集める人には優しくない仕様。
さらに、追い打ちとして、価格の安い英語版が供給されなくなったからか、ローウィンのシングル価格が高騰
たまにMTGの構築済みで1000円級のカードが入ってるぜ!と売り切れになることがあるが、DM、遊戯王の構築済みの主流は、1000円級のカード何枚入ってんだよ!というレベル。
カードの集めやすさという点では、他のTCGには2歩も3歩も遅れていると言わざるを得ない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。