スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチクールオフ

クールオフでは飽きたらず、プチクールオフと称して、少人数で緊急オフ。
で、クールオフ。
ドラゴンデッキを大改造して、オフ中にその改造結果+ブリンクにすると、ラヴニカ落ちてもコンセプトを崩さず超強くなりそうということが判明。
そこら辺を書いてたら長くなったので、また後日。
時代寄生機が700円前後で売ってたら、連絡ください。
(オークションを見ると、これくらいが安めの相場…だよね?)

で、カードひたすらやりまくり。
MTGは、待機がなかなか面白くなってきた。
青マナも赤マナも、結構大量にひねり出さなくてはならないのがきつい。

遊戯王はハルキチさんと久々デュエル。
電車の中で池袋に行くという日記を見て、書き込みしておいてよかったぜ。
よくわからないけど、ハルキチさんとは必ずいい勝負をする。
些細なプレイングミスも許されない、ピリピリとした真剣なつばぜり合い具合が大好きだ。
TCGでこういう感覚が味わえるのは、ハルキチさんとの遊戯王対決だけ。
他の人とだと、互角に近い勝負でもなぜかこの感覚が起きない。
ガチメインな人は、こういう感覚を楽しむんだろうな。

というわけで、久々に遊戯王のモチベーションアップ。
新デッキ作るか。
ライダーと、1900バニラになれる3000の奴を無視すれば、なかなか楽しそうな新環境だし。
最近の遊戯の新弾になんかあるかなぁ。
デザイナーズデッキ用カードばかりなので、あまり見てないけど。

DMは相変わらずモチベーションダウン中。
デッキの調整はしてるけど、調整しかしてない。
でも、すでに赤が抜けてレインボーとは言えなくなった、レインボースクラムは想像を絶する挙動をする。
速攻にはもちろん弱いけど、フィールド上に20体近いモンスターを召喚するのは、さほど難しくない。
最高のネタデッキができつつある。

で、2次会の飯のあと、3次会Kanju亭合宿。

プルケさんがうまく罠にはまって遊戯王の水デッキに興味をもったので、近所の店でパーツを揃える。
いや、ストラクチャデッキは偉大。
1000円+余ってる必須カード譲るだけで、充分一線級のデッキが作れる。
しかも、「その人好み」の。
最初に選んだデッキと共にステップアップできるうまい構成。
これはDMのストラクチャではまだ到達していないところ。

で、さらにひたすらカード

翌日の昼にプルケさん帰宅。
その後残った面子は、プレイできるゲーム微妙にずれている状態で、ちと困り気味。
というわけで、昔MTGをやったことあるという虎さんを、MTGのルールを覚えさせて、罠にはめるために、せっかく作ったのに遊ぶ機会のなくて寂しがっていた、タワーデッキに誘う。
複雑というか、狂ってる銀枠は抜きで。

これが、かなり熱いデュエルになった。
時々引っ張ってくる、ラヴニカのバウンスランドが熱すぎる。
バウンスランドのマナ回収のおかげで局面ががらっと変わる。
MTGというゲーム性とは、ひと味違う演出にもなっている。

最初は、TMFMさんがスリヴァーを揃えて殴っていく展開。
それが除去られたあとは、マナ回収から虎さんが、《Tsabo Tavoc/サーボ・タヴォーク》を出す危険な展開(こいつはテラー系統の耐性もあってやばすぎだから抜こう)
というわけで、残った二人は同盟を組んで、《Dry Spell/乾きの呪文》《Ghostfire/幽霊火》のコンボで危機を脱出。

その後、またもや出てきた虎さんの巨大クリーチャーを《Fickle Efreet/移り気なイフリート》で何回か凌いで殴りつつも、コントロールが移っていく。

またもや虎さんが《Scaled Wurm/甲鱗のワーム》様を召喚。
狙われているKanjuの元に《Fickle Efreet/移り気なイフリート》が帰ってくる物のダメだと思ったら、《Wings of Aesthir/エイスサーの翼》を引いてきて先制攻撃により、一方的に打ち勝てるので膠着。

そしたら、なんと今引き《Plague Wind/疫病風》手札の黒カードをおいたら、ちょうど黒黒7が揃って、即使用。
どう考えてもKanjuの勝ちと思ったら、《Sandstorm/砂嵐》を使われて、タフネス1、3体が除去られて、とどめを刺せず。
しかも、《Fickle Efreet/移り気なイフリート》のコイントスに負けて、TMFMさんに移るとそのまま勝ってしまう状況なので、Kanjuを狙っている虎さんに《Fickle Efreet/移り気なイフリート》を送りつける。

なんか最後の方詳細を忘れた…
たしかその後、《Mind Harness/精神支配》《Fickle Efreet/移り気なイフリート》を奪ったり、ラヴニカランドの回収からで、駆り立てられたウンパスが出てきたり、マナゾーンのカードを回収できる《Ovinomancer/羊術師》がマジメに大活躍したり、二転三転の超逆転劇の楽しいゲームでした。

これはなかなか完成度高いタワーす。
MTGのカードを全く知らない(つまり全部読んで確認する)虎さんを含めて3人で、3時間弱。
どのカードが入ってるかカードを全部知ってるKanjuが一人で4人プレイしたときは、40分ほどで終わりました。
もうちょっと強力なフィニッシャーを入れて、攻撃的にしたほうがいいかな?
スポンサーサイト

コメント

時代寄生機、2枚ありますよ(´・ω・`)

マジッスか
昨日買ってしまいました(涙

DMは売り手が全くわかってないから、
遊戯のSDのクオリティーに追いつく事がないんじゃないかなと思ってます(人によってはあのパチもん臭のする豪華スターターで完成度とは別の満足を得てしまってるでしょうし)

ホリスパの5マナ版が出ると聞きましたが、
それが事実or若干違うがほぼホリスパと同位でやはり低コスト
というのであれば、少し終焉が見えてきた気がします。

上側は同意
SDは適度にデッキの完成度を低くしつつ、アンチシナジーを入れて、デッキの方向性を二つか三つ入れておいて、改良していく喜びを味わえたり、かなりうまい構成になってますよね。
DMのストラクチャは、このデッキでどうしたいのか、どうして欲しいのかわからず、ヤケクソとしか思えません。

下側は理由がわからないので、何とも言えません。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。