スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanju的デッキ構築論5(in 2007)

カードには複数の役割を持たせる

Kanjuは、MTGのキッカーや分割カード、魔除けシリーズが大好きだ。
それは、「一枚のカードに、複数の役割を簡単に持たせられる」から。
MTGの火力カードが強いのは、「除去」にも「ライフ減少」にも使えるダメージ源にもなる「汎用性」のため。
こういった使い道が何種類かあるカードは、その動きを多くかみ合わせることによって、火力のような汎用性を持たせることができる。

カードの役割が多ければ多いほど、そのカードが腐る危険性は減るし、そのカードが活躍する可能性は飛躍的に高まる。
活躍できる可能性が高いならば、そのカードのシングル価格が100円でも、デッキのエースになる。
もちろん、そのカードを役立たせるために、他のカードが腐ってはならない。
そこを調整するのが難しいのだけども。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。