スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanju的デッキ構築論3(in2007)

高額カードが多いことは不幸なことだ。
選択肢の自由が広まると、カードパワーに頼ったデッキを作りがちになる。
だって、高くて強いカード持ってたら、使いたいじゃん?
なので、まずは高くて強いカードからデッキに入っていく。
Kanjuだってそうなる。
人間選択肢が「多すぎる」と、全ての組み合わせを考えることなどできなくなって、実は発想は硬直しがちなのだ。

だから、強いけども、単調で力任せなデッキになってしまう。
力任せなので、いなされると弱かったりする。
もちろん、メタのど真ん中なので、メインから対策を意識される。

高額レアをあまり持ってなければ、「まず持っているコモン、アンコ、安レア」からデッキを作り始める。
高額カードのカードパワーには、正攻法では勝てないから、搦め手で勝つ方法を覚えられるというか、覚えざるを得ない。

もちろん、最後にはどうしても必要な強力カードが入るのだけど、前者のプロセスからできたデッキと、後者のプロセスからできたデッキは全く違うものになるのは、想像に難くない。

高額カードが手に入ったあとでも、その経験は決して無駄にはならないはずだ。
スポンサーサイト

コメント

どもです。
うう…耳が痛いコラムですな。
KanjuさんがAG環境で強いデッキ作れるのも、
こういう蓄積が基本になっているからでしょうね~。
自分のデッキ、もう少し見直してみますよ。

あぁ、すみません。
誰かにナントカというつもりではなかったのですが。

でも、パワーカードに解決を求めるのではなく、目のいかないコモンの方が強いこともあるのは事実です。
やっしーさんのデッキだと、滅びだけではなく、脱出もとても良い働きをするように。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。