スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanju的デッキ構築論2(in2007)

「極端にしてみる」

従来のデッキ構築論では「無理、無茶、無謀」とされるものでも、とにかくやってみる。
ひたすら極端に尖らせる。
そうすると、今まで見えなかった変な現象が起こったりする。
5色ハイランダーは、デッキのコンセプトなんて最初はなかったけども、「究極の柔軟性」というデッキコンセプトがあとからついてきた。

レインボースクラムも、強くはないけども、あんなキモイ動きをするデッキになるとは思わなかった。

最近いじってないけど、遊戯王の墓地肥やし雑貨商人も、常識的な「モンスター18枚、魔法16枚、罠6枚」くらいの配分にこだわっていたら、絶対作れない。

こういうときのコツは無茶な課題を与えること。
無茶だったら無茶でいい。とにかく極端にしてみると、何個かに一つくらい、とんでもないデッキが作れる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。