スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanju的デッキ構築論1(in2007)

普通のデッキ構築理論は「安定」をひたすら求める。
ありがちなのは、コンボ、シナジーを狙うなら、ドローやサーチを駆使して、コンボパーツを揃える。
もしくは、単体で強いカードを中心にデッキに投入して、不安定要素を減らす。
使いたいコンボをピラミッドの頂点にして、そこを他のカードが支える感じ。

Kanjuのデッキ構築も「安定」を求めているが、「安定」の方向性が全く違う。
Kanju的デッキ構築論は、シナジーを網の目のように何個も投入して、一つや二つを崩されても、すぐに別のシナジーが完成する「シナジーウェブ」状態

前に言ったような気がするが、強いカードの固まりは足し算で、シナジーの強さはかけ算(受け売り)
シナジーのためなら、必須カードを抜いてもパーツを入れる。
その方が強くなるから。
だからデッキには糞パーツが多いように見えるけど、弱くない。

DMの五色ハイランダーで、「シナジーが固まってれば、普通にパーツが揃う」ことを学んで、遊戯王のゴミになりやすいカード軍によって、「シナジーに多重の保険をかけて、安定性を高める」ことを学んだ。
それを今、MTGに応用している。

そういったデッキを作るときには、
「カードのテキストには、全て盤面の変化がある。」
ということを忘れないようにしたい
そのカードを使うことによって、盤面のどこかに変化が必ずある。
そこを見逃さないようにして、シナジーを探す。

そのテキストを限界まで活かせば、デッキの可能性はさらに広がる。
「~のカードをサーチする。デッキをシャッフルする」のサーチ系のカードを活かすには、サーチだけでなく「シャッフル」まで活かせると強い。
例えば、エピティアの賢者などで、デッキを積み込みしておいて、いらないカードがデックトップに来てしまったら、そのタイミングでサーチ。
そうすれば、欲しいカードが手に入った上に、今後数枚分のドローの質が向上する。
土地をサーチするのであれば「デッキの中の土地が減る」という効果は特に注目したい。
後半いろんな意味でボディーブローの様に効いて来る。
あと「墓地にカードが一枚貯まる」なんていう変化も忘れがちなので注意。

ちなみにDMにはこれが使えなくて(´・ω・`)ショボーン
序盤の動きが大事すぎて、シナジーをたくさん入れる余裕ないです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。