スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メメタァ!

自分は環境で強いと言われているデッキを、ほとんど使わない。
メタ調整用のデッキは、ちょっと持ってたりはするが。
元来のひねくれ者というのも、もちろんあるけれども、それ以上にやっててつまらない。
なんか使ってて「はいはい強いね。」と、むなしさを感じて解体してしまう。
なんというか、自分で戦ってるのではなく、デッキに操られてる気分。
もちろん、メタデッキを使ってる人を批判する意図ではなくて、単純に自分が使っていて飽きてしまうというだけ。

環境で強いデッキをさらに勝率を高める工夫で、より強くなるための技術を学ぶのが必要とはわかってる。
けど、そこまでレベルが高い世界だと、同レベル以上でいつでも会えるような対戦相手がいないと、1枚単位の微調整は不可能。

つまらないと感じてしまうのと、(いつでも戦える)強敵の不在があって、どうしても強さが頭うち。
と、昨日の敗戦の原因を外に求めるダメ人間Kanjuでした。

つか、一人で調整できる方法、教えて強い人
スポンサーサイト

コメント

強くないけど一応。
これはもう慣れなんですが、
例えばビートダウンを作り続けていれば、
デッキを構築するだけで(一人で回さなくても)ほぼどんな動きをするか理解できます。

理由としては案外簡単で、
デッキを「動かす」ためのカードを「自分で」入れてるわけで。
これで生まれたのがMブレードと神風。
Mブレードの凡骨についてですが、オフ初参加による緊張でテンパッていらないとか言いましたが、
やはり12枚入っている=4分の1引ける+小槌によりデッキに戻し、引く確立も上げられる
等の事からの構築で、実際Kanjuさんや、お名前がわからないですが相手してもらった方には凡骨によるその動きがとても重要でした。
このデッキで最重要なのはパーツを集めることで、1回のドローで、たまに「バルキリオンパーツ」+αが手札に舞い込んで来るというのは、実際必要な動きだったと実感しました。
バルキリオンパーツが多く必要なためなんか焦ってしまいましたが、Mブレードの凡骨は一度に5、6枚もドローするものではなく、2枚引けたらいい、ヤタ骸と併用すれば3~4枚は引ける
という構築だったんですよね(焦ったくらいで製作者が忘れてりゃ世話ないですね;^^)

神風はオフで4回くらい使いましたが、ハーピィーをサーチや補助無しで引けたのが1回のみだったので実感しにくかったですが、やはり全てデッキという完成図のピースとして入れているので、基本的には動いてしまうんですよ。

これは、Mブレードや神風が、知っての通りオフでほとんど理想の回転をしなかったのに、勝てたことで証明できると思います。

事実Mブレードも今にいたるまで細部しか変更してませんし、神風に至っては一度も弄ってないかも。

僕が満足してるだけなんで、他人から見てレベルの高い構築になってるかはわかりませんが、
何度回しても、「これはいらないな」なんて感じで抜く事が少なくなってきて、構築の段階でデッキの動きを理解できる事を実感しました。
もちろん実戦で使うに越した事はないんですが、
対人戦がいつでもできる人なんてそうそういないので、そういう技術も必要だと思います。

経験談ですが、むしろ一人で回すより(一人で回すと相手の邪魔が計算できない+自分の除去を使う場面が無いので除去抜いてしまったりする)
構築段階でデッキの動きや対抗手段を考えながら作った方が、実戦では大分強いんですよね。

そういう技術を学ぶには、対戦経験を積まないとできないのではないかと…
対戦経験の少ない自分でも、そういうことはやってるつもりですが、どうしても想定が甘くなります。

ん~、
ビートやらドローゴーやら浮気続きの人には、広く浅い知識しかないのでそうなってしまうかもですが、

どれか一つのデッキタイプを極めておけば、
どんな独特のギミックを搭載するにも、基盤は同じですので大分違うと思います。

また、自分は最近MSNで相手を見つけただけなんですが、それまで一人で作っては崩し、作っては崩ししてきました。
「作る」だけでデッキ構築の腕は着実に上がると思いますよ。

Kanjuさんが上手くいかないのは、
個人的に、Kanjuさんに「完璧主義」な所があるからだと思うんですよ。

例えばですね、この間の帰り際のM(マリン)ブレードの話で、バグロスを全て集められるか?グリズリーを使っても全部は集められないのではないか?

という話になりましたが、
実際Kanjuさんにも味わってもらったあのM(マグネット)ブレードのコンボなんて、
単純に墓地に岩石多数、手札にメガロックや確実性のために大嵐等の流すカード、場に異次元からの帰還

という膨大な枚数のカードが必要なわけです。
そしてこのMブレードにはサーチ手段は「皆無」です。

これでも勝てたり、思い描いた理想の回転をするのは、やはりデッキ構築段階での各カードの投入枚数の感覚とデッキの回し方としか言いようがないです。
実際僕はプレイングも引きも底辺のプレイヤーなんですから。

単純に、M(マリン)ブレードなんて、M(マグネット)ブレードと違いクリスタルコア等前線に立てるカードがある=M(マグネット)ブレードと違い序盤からダメージが与えられるわけです。

つまり、例え3枚こなかろうが、バグロス2枚帰還するだけで相手にモンがいても3200のダイレクト。
これなら序盤でしっかり相手ライフ削っておけば、十分エンドパンチになりうる大きさのダメージではないですか?

理想の形だけを追い求めるのではなく、
そのコンボ成立時が、常に理想になるようにすればいいだけの話で。

例えばこの状態(3200ダイレクトで相手のライフがなくなる)なら、バグロス3体なんて理想はオーバーキルでしかないわけで。

Kanjuさんはデッキ作りにおいて、おそらく「面白いコンボ思いついた。このコンボを決めるにはどうしたら」
という感じで作成されてるんじゃないでしょうか?

「このコンボの地盤作りとして、カードを集めるための時間稼ぎや除去、場もちのいいモンスターを採用するか」
等、むしろコンボ成立を後回しにして、コンボ成立前にできることを中心に考えてみるだけでも違うと思います。

あのコンボが揃えば一発で勝てる。
ならその一発まで耐えられる構成にすりゃ解決すると思いません?

話が反れましたが、つまづきにしても、「決まったら強い」
Kanjuさんの考えるコンボはいつも質が高いのは事実です。
ですが違いとして、Mブレードと違い凡骨でバニラを引けなくても勝てる、バルキリオンが出なくても勝てる。
これが無いのが痛いと思うんです(つまづきはピエロとつまづきの噛み合わせで初めて冷や汗ものでしたので)

なんて言えばいいんだろ?
もっとラフに?
Kanjuさんの考えるコンボのクオリティーが高いのはまず間違いないんですよ。
となると、やはり例え話として、つまづきが来なければ勝てないデッキであれば、どうすればそれが改善されるのか?

そこは「構築の段階」でしておくべき事であって、
対人を繰り返したからといって改善されるものではないと僕は考えています。

長文でさらに何か偉そうな感じですみません。
ただ、本気でKanjuさんのコンボには驚かされるし、コンボ自体の完成度もかなり高いので、
解決できるレベルのことでつまづいてほしくはないんですよ。

あの、私は丸めるデッキが大好きで、つまずきデッキやらなにやらは、あのカードなくても大丈夫なんですよ。
5色ハイランダーくらいから、キーカードに依存してるデッキはほとんどないです。
さすがに断片情報で、判断しすぎかと。

コンボデッキは、コンボカードがこないことを前提に考えています。
バグロスはアトランティスがないときにただのバニラなので、入れたくないだけです。
うりえるさんの言い方では、3枚揃わないと意味がなく、3枚揃えるのは簡単というように感じられましたし。

Mブレードに関しては、うりえるさんの考えている物と、私の考えている物では、最後はいっしょでも、動く挙動がまったく違います。
作るとしても、異次元からの帰還は1枚か2枚くらいしか入りません。
たしかにうりえるさんの考える物の方が強いのかもしれませんが、こちらの手の内を見せていない段階で、自分のを完成型とされるとあまり良い気分はしません。

うわああ・・・
なんか最近、改めて見ると思ってもいなかったり論点ずれた酷い意見ばっかりだなあ自分。長文になると大体そんな感じがします。

対峙してみて、つまづきが無くてもジェネティックで対応しようとしてる点等、自分自身が目の前で見てるんですけどねorz

なので、ここはデッキについては置いておくとして、
何故だか長文2つも書いてて言えなかった本文に対する言いたいことを。

強敵と戦う→経験値を上げてレベルアップ
となるのは事実なんですが、プレイングが対等な場合、やはり問題なのは双方のデッキなわけで。
経験値アップにはやはりデッキの細部変更はかならず関わってくる要素ですので、その細部変更の数を事前に減らす事はできるのではないか。(Kanjuさんがデッキは全力で作ってるのを知った上での発言なので心苦しいですが、Kanjuさん自身納得言ってないならば、他に説明できる材料はないので)
という事です(決してプレイヤーと対戦する事でレベルは上がらないと言ってるわけではないです)

これから書くマリンブレードの意見については、
あくまで先に作ってしまった一プレイヤーからの発言として受け取って下さいね。

>バグロスはアトランティスがないときにただのバニラなので

これについては何も問題ないと思いますよ。
極端な話、墓地に落ち、除外し、出てくる時に海があればいいわけで。
エアーブレードの強さは、次元融合した時に、エアーの効果により、ハーピィの羽箒ばりの効果が発生し、安定した攻撃ができる。という点でした。

次元融合を使えば他に何もいらずにできた行動ですが、
個人的にエアーブレードと比べた時の、今のブレードの長所は除外ゾーンからの召還ギミック+αを使い、エアーブレードに勝る点を上げていく事だと思ってます(マグネットブレードは何より個々のデカさ、α要素はメガロック)

単純に、帰還を使った→勝った
じゃあ、エアーブレードの劣化と言われても言い訳できないので。
そこで、α要素としてアトランを採用し、アトラン下で他のブレードにできない、そこそこ大きな打撃をダイレクトで通せるバグロスを僕は選びました。

そして、「アトランが無くても帰還できればいい」という考えなら、パワーが安定していて、ならず等で道も空けやすい、現状のフェニックスブレードを使った本家ブレードに対する言い訳の材料もないわけで。

>うりえるさんの言い方では、3枚揃わないと意味がなく、3枚揃えるのは簡単というように感じられましたし。

これはそんな事言った気は毛頭無いですが、事実としてそちらにはそう受け取られたわけですし、それについては本当に申し訳ないです。
ですが、それ(バグロス×?の召還)を狙うデッキなのは確かだと思います。

ちなみに、
帰還はまず3枚いるでしょう。
これは、ただ単に引く確立をあげるだけでなく、相手の対抗手段や、単純に相手ターンに壁として命を繋げる手段としても「使う」からです。

そして、逆に1~2枚でいいと言う事があるかと言えば、
例えば描く理想の形に、「帰還の発動」が必要だとして、
帰還が必要なら、1~2枚では引かないで終わるゲームや相手の妨害行為によって1~2枚の帰還が通らずゲームが終わる事も少なくないでしょう(マグネットブレードすら2回以上帰還を使う事は少なくないですし)
等からほとんど無いと思います。
帰還を利用する気なんじゃなく、「使えたら使う」な考えで投入するなら、もっと使える場面が広いカードを選択するべきですし。

極端な話をしますと、
帰還によるギミックが無くても勝てるなら、
もっと豪快に水の優良カードを入れた水デッキの方が強いでしょうし、
帰還によるラッシュを狙うだけなら、それこそ戦士+フェニックスブレードを駆使する戦士のブレードで十分だと思います。

そういう事を考え、僕は
戦士やマグネットと同じ、帰還や次元融合は使えるだけ採用した上で、
マグネットブレードにも戦士を使ったブレードにもできない事と考えれば、「モンスの戦闘を介する必要の無い」バグロスだと考えたわけです。

これが僕個人の考えた水属性とブレードの共存方法です。

もちろん強制するわけではなく、
マリンブレードの案が出た時から推奨する形で言っていたとは思います。
してないと思いますが、以前どこかで強制してたらすみません。

ですが、やはり戦う上で帰還が1~2枚でいい(無い場合も勝てる)なら純正の安定した水の方が強いでしょうし、
戦う上で帰還が必要なら積まないのもおかしく、
戦う上でバグロスが必要ないのなら、破壊のならず、除外の異次元♂♀を使えば水特有の攻守変更という行動より強力な破壊までできる戦士に対し、勝る部分が少ない。

上記の事を、僕が回す上で答えとして出したのは間違いないです。
もう一度言いますが、強制はしませんし、
直接攻撃という他ブレードには無い大きな利点を捨ててまで、
「戦士で良くね?」と結論づけさせない強さがあるマリンブレードが存在するならその形も見てみたいという思いもあります。
どちらにしても(バグロス採用するしない)本気でKanjuさんのマリンブレードの完成を期待してるのはマジです。

なんか普通に生意気な餓鬼みたいですが(実際餓鬼は合ってる)
微塵もそんな気はないということをわかっていただけると幸いです。

真面目な意見を交わしてるだけに、
お茶を濁すようなお気楽な発言で返信をするのは失礼だと思っているので。
ですが、それにより不快になる事がありましたら、
言っていただければ極力自分からこういう会話は振らない、乗らないように努めますので。

つか、ジェネティックは怨霊の湿地帯の方のデッキです。

経験値アップは、プレイングレベルではなく「仮想的」の動きを知る意味で重要です。
私は、遊戯王歴まともにやってるのは半年で、月1,2回が精々で、環境メタともまともに当たっていません。
そのレベルで、脳内で対策が簡単にできれば苦労しません。

水ブレードの方は、作ってない段階なので、何も言えません。
正直言うと、先にデッキを完成させられた時点でかなり不愉快です。
デッキを構築していく楽しみを奪われました。
もし、作って、弱ければどうしてもうりえるさんの物を意識せざるをえないわけで、自分で考えて試行錯誤する楽しみがありません。
人に物を教えるときは、「答えを教える」のが正しいことではないことは、考えられた方がいいと思います。
水ブレードは、作ることはないでしょう。

あと、うりえるさんのアドバイスを、私が「やっていると思っている以上」いくらやってないと否定したところで、アドバイスを受け入れても同じことを繰り返すので、アドバイスとしては全く意味がないということは指摘させていただきます。

>ジェネティックは湿地帯
記憶力が弱いとホント相手を不愉快にさせるだけですね。
こういう事についての書き込みは次から自粛します。

>水ブレード~
僕自身、他者と構築段階から相談し、その案を採用した形のデッキを他の人に回してもらって作る。という形も普通にとってたので、
これは自分中心に考えた軽率な行動の結果ですね。すみませんでした。
最初に水ブレードを大雑把に作成し回した記録を書き込む時に、書き込むか否かとても迷ったんですが、やはりしなかった方がよかったですね。

こちらとしても言いたい事は沢山あるんですが、
僕自身は不快なわけでも怒ってるわけでもないので、
結果的にKanjuさんのモチベーションが下がるだけになるような気がするのでこれについても控えます。

水ブレードについては答えを出したつもりはなく(やった事は除外からのバグロス帰還ギミックのみですし)、
前に書いた通り違う形の物もあるなら見てみたいとの気持ちで、一つの形として書いたものだったんですが(バグロスは採用圏内にもいないと思って書いたので)、
やっぱり過程は違ってもKanjuさんもバグロスに行き着く可能性もあったわけで、
今はただただ申し訳ないです。

受け取り方に違いはあるでしょうが、
無意識にまた不愉快にさせてしまう事もあるかもしれないので、Kanjuさんに関わる場所では基本的にROMります。
こちらも全てに納得がいっているわけではないですが、結果としてKanjuさんが不愉快になったという事実があるわけで、
その事については全面的に僕が悪いです。すみませんでした。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。