FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルモンスターズ真面目にがんばってみました

ブシロードのDCG、トリプルモンスターズ、幸運なことにランダム枠で当選し、全国大会に出場できることになりました。それだったら、本気で環境を分析してやろうということで、分析を駆使して挑みました。

結果としてはベスト64で落ちてしまいましたが、次回以降(エクセルが使えれば)誰でも真似できるノウハウもたまりました。ランダム枠なので、自分で貯め込むよりは、共有しましょうということでレポートします
ガチ勢の方は参考になれば幸いです。エクセルも声掛けいただければ、お渡ししますし、解説します(ただエクセルに慣れてないと難しいと思います)
■ランキングを使った環境メタの先を読む分析
トリモンでは、ランキングの上位100位を公開しています。このランキングを眺めるだけなら、「地属性が今強い」というのはわかりますが、そこから先に「地属性を倒せる属性はあるのか?」ということができません。しかし「ランキングの上位に固まっている属性は、使用率にかかわらず環境に適合している」という事はできます。そこでランキングに出ている100人を全部エクセルデータに手入力をし、上位1から100位までを1.5~0.5までポイントを割り振り、その合計値を表にしました。
分析1

こちらは大会当日11時の情報です。メタの変遷に合わせ、開始直後、前日から当日にかけて数回状況を確認しています。今回の大会で準優勝したのは幻ですが、当日になるまで幻はあまり使われておらず、当日最後に選択した人が多く、そういう人が上位に食い込んでいることがわかります。
これは次の項目で解説しますが、幻使いはランクマッチでの遭遇率は13%と低くトップランカーが使っていることもわかりました。強くても飽きて、新しいカードを使っている傾向が見えます。

生放送でドクター・オーが「風が強い」と話をしていましたが、大会前日までの計測で、風は強かったというデータが出てたので個人的にすごく頷いていました。自分も風を試そうとしましたが、《善なる霊長スィームルグ》が手に入らないのと、調整が難しく諦めてしまいました。

■個人の勝敗分析
今回の調整にあたり、全試合「どの属性を使って、どの属性と戦ったか」を全部記録にしました。オートファイトは相手には弱すぎるので別管理です。
分析2
カードが足りなかった、風、火は最初から切り捨て、4属性で調整しました。
「使っても勝てず、相手に来ると負ける」というKanju自身が水属性をわかっていないということがわかったので使うのを諦めました。

雷、幻、地については3属性とも、悪くはなかったのですが、環境を分析していくうちに「地が強く、雷属性は地に強い(先行2ターンで勝てる)」ということがわかりました。先程の環境分析を踏まえた上で、勝率を加味して、自分に馴染んでいるということもあり、雷を選択です。
事実1回戦は、予選順位一桁の方でしたが、無事勝利することができました。

■使用デッキ
Dk9C_klU4AAOinV.jpg
今回使った雷デッキです。
キリンはほぼ保険枠で、6コストを出せなくなるので、自分から最大魔力値を下げることはめったにありません。
しかし地属性相手の場合は、サンダーブレイクドラゴンと、石動双葉を相手が強化してくれるため、優位に戦えます。
地属性と戦うとき、手札を5枚に留めるプレイングが大事になります。

■まとめ
対人戦については、勝率60%と、実はそれなりに強いとわかったのは収穫です。きちんと絞り込んで練習した雷は、勝率71%にまで行きました。短期間の勝負こそ、分析はとても役に立ちます。水属性が弱いが、使用率が低い。だから切り捨てようと言えたのはとても大きかったです。全勝負記録しデータを客観視をするというのは、強さを確実に引き上げたと感じています。
その2回戦に当たったのが、自分の一番苦手な水というのは残念な結果でしたが、分析はほぼ正解のポイントをついていたので、とても満足できました。

最終的に128戦もして、それでも各属性の相性については、データが全然足りませんでした。例えば、火属性が人気はあれど、強さはいまいちなことも感覚的にはわかりますが、実際数字出てきています。
個人の限界、チームの強さをとても感じました。これがチームで皆で協力して情報を集めると、もっとすごい分析が出せそう(例えば同じデッキを使っての得手不得手など)なので、この分析ロジックをGoogleスプレッドシートで共有する形に移植して、どこかのチーム的なので協力してみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

日本語ちゃんと使いましょうね
文章めちゃくちゃですよ😎
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  10  08  07  06  02  11  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。