スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

ボクの考えている最強のTCG「メタリカ(仮)」禁止カードの手法
MTGコスト型のTCGで、従来のTCGのいいところとか、フレーバー的な弱点を補いながら、直感的なTCGを考えます。
メモ的な部分で全容まで考えてません。
今回は禁止に関する考察

カードゲームには、メーカーの立場と、プレイヤーの立場ってのがあって、メーカーは利益を出さなくてはいけないから、新しいカードを必ず売りたい。プレイヤーはあまりたくさんお金を使いたくないし、古いデッキも大事にしたい。そのバランスを取るのがとても難しそうです。

そこで新弾は常に過去のよりちょっと強いカードを出すインフレさせたり、禁止させたりとバランスをとるのが、また難しい。
そんなわけで、なにか良い方式はないか、考えてみました。
■カウンター領域を作る
最近思いついた、試したい施策。
カウンター領域に好きなカードをX枚伏せた状態でゲームスタート(環境初期は1枚で、時代経過とともに増える)
相手が呪文を唱えた時、伏せたカードをオープンすることで、そのカードを無条件で打ち消しできる。

この方式の何が良いか
○禁止カードはプレイヤーが勝手に作ってくれる
例えばボルバルザーク・エクスが流行ったら、対抗策としてカウンター領域にボルバルザーク・エクスを入れることで、メタることができる
○2番手カードが活躍できる
古いカードはメタられにくいので、2番手のカードでカウンターされないことを狙う戦略がとれる
○強いカードが売れる
1枚はカウンター領域に入れたいので、強いカードを買ってもらえるからメーカー大満足
○再録が簡単
スターターデッキに「強いからカウンター領域に入れよう!!」って言えばどんなカードでも再販できる
○禁止カードを出さなくて良いが、禁止しやすくはできる。
禁止カードではなく特別カウンターカードを出すことで、禁止改定の代わりにできる。
「このカードはカウンター領域のみに使うことができる。タルモゴイフと、ウギンの目と、瞬唱の魔道士とヴェールのリリアナを打ち消せる」
こんなカードを雑誌付録や、スターターのおまけや広告カード枠で出すことで、通りづらくする。
みんながこれを入れていれば使いづらいが、誰も使わなくなれば、そのうちのこのカードを枠にいれなくなる。

■過去のカードの復活サポート枠を作る
パックのバランスの関係上、弱いカードを必ず入れることになりますが、そこに過去のカードを強くするカードを混ぜていく。

3コスト パワー2000
S・トリガー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時「大昆虫」とつく進化クリーチャーをこのクリーチャーの上に乗せても良い

もちろんこの弾にこの条件を満たす新規進化クリーチャーを1枚忍ばせておきますが、昔の大昆虫ガイアマンティスも条件に引っかかるのでコンボをちょっと組みたくなるけどそこまで強くもない。そんな形でたまにフォローすることで、昔のカードに価値をつけるのも見捨てられてないと思わせる方法なのかなと。

大昆虫ガイアマンティス
6 進化 自然 ジャイアント・インセクト 9000
進化−自分のジャイアント・インセクト1体の上に置く。このクリーチャーは、パワー8000以下のクリーチャーにブロックされない。
W・ブレイカー

スポンサーサイト
2016/03/22(Tue) | カード日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://monoki.blog78.fc2.com/tb.php/2082-dc4d911c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。