スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:1対1交換

ドローカードの少ない遊戯王では、1対1交換ができることが重要と言われている。
たしかに1対1交換は重要であるが、1対1交換だけでは勝つことができない。
ちょっと考えれば、1対1交換では所詮引き分け。
単純に使っても効果が薄いということだ。

1対1交換は、継続的にアドが稼げる状況を作り上げること、もしくは状況の維持に使う。
(相手からの防御も含む)
アドは別にカードアドバンテージでなくても、ライフアドバンテージでも良い。
こちらと相手が今引き勝負になる前に、決着をつければそれでよい。
漫然と除去をしているだけでは、漫然としたデッキの究極系である、スタンダードの下位互換にすぎない。

デッキの中に「最終的に稼ぐアド」の目的がなければ、1対1交換がもっとも効果的に働きませんよということ。

なんかイメージが漠然としてて、伝えられないや
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。