スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

オリカ:MTG「超地雷原」
超地雷原 (4)(白)(白)
インスタント — 罠(Trap)
罠発動(3)(白)(白)(あなたはこのカードを、(2)を支払うことで「(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。」を持つ土地として裏向きにタップ状態で土地としてプレイしてもよい。その罠発動コストを支払うことで、それをいつでも表向きにしてプレイしてもよい。)
すべての攻撃クリーチャーを破壊する

次のブロックは変異がモチーフとのことで、個人的に好きな(だけどデザイン的に惜しい)遊戯王の罠カードに変異要素を混ぜたデザインです。
裏面カードを出したので、結構適当にやっても大丈夫な気もしますが、既存の変異カードの弱点や混在兼ねて考えています
・3マナ2/2は弱すぎる→2マナ土地にすることで、使いやすく
・裏向きになるのは土地→インスタントとして発動
・土地として存在するので、クリーチャー変異と混在しづらい(エンチャントやアーティファクトにしなかった理由)
と変えることで、
土地に張った罠を発動するという、フレーバー的にも直感的に、土地事故も軽減してゲーム的なイライラを少なめにするデザイン(土地のプレイなので加速には使えない)
アーティファクトの方が「罠が張ってある。怖そう」とやりやすいのが、悩みどころ。
スポンサーサイト
2014/08/19(Tue) | MTG:オリカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://monoki.blog78.fc2.com/tb.php/2050-d29a5d5c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。