スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からでもすぐにできる勝率を10%上げる方法

■ガチの人すら知らないシャッフルの強さ
【デュエマ 不正】岡山CSでの積み込み疑惑を発端にシャッフルに関する議論が勃発&公式ルールとかまとめ
こんな話題がでていて悲しい。
何が悲しいか、「ガチ」を自称する連中が「シャッフルするだけで勝率を簡単に上げることができる」ことを知らないのが悲しい。シャッフルをきちんとやるだけで、CSなどの大きな大会では確実に勝率をアップできるのだ。

要点は「シャッフルするとき、デッキの中身を見てカードの固まりを散らす」行為、これを常習的にやっている人がいる。このデッキは「散らしている状態で正常に動く」調整をしているため、「きちんとシャッフルすれば事故の発生確率が上がり勝率が上がる
それを今から説明しよう。
■3枚投入で4枚分の強さなら、1枚スロットが作れる
Λデッキをイメージしてもらいたい。その中で《進化の化身》を何枚入れるだろうか。3ターン目に確実に引くために4枚?2枚来てもいらないから3枚?ところが3枚にして4枚並みの確率で引く裏技がある「カードの散らし」だ。あいたスペースにキリンを入れた時の強さはわかるだろうか?
正式名称はわからないけど、デッキの中で固まっているカードを、散らしていることに罪悪感を感じない人もいるがこれは立派な積み込みだ。他のゲームだと反則。ただシャッフル前にどーのこーのあって、デュエルマスターズだとジャッジ判断で反則にならないこともあるらしい。
この散らしの効果を確率的に検証してみよう

■積み込みをしないとき、カードを引く確率
ここの確率計算サイト参照すると4積みして、先行3ターン目(7枚ドロー)までに最低1枚引く確率は55.2%。3枚だと31.5%まで激減する

■散らしをすると確率はどうなるか?
3枚投入のカードを散らすと確率はどうなるであろうか。厳密ではないが、このような図で説明できる
aaaa_20140804193414087.gif
少し説明が難しいのだけど、40枚中3枚のカードを均等になるように分けた場合、12~13枚の間隔に近くなるように配置される。カットされることを考えると、1枚目と40枚目はつながっていると言える。
するとドローのパターンは12、3パターンになる(それ以降はループするので同じ)。そのうち7枚引いた時にキーカードを引くのは7パターン。
13パターンのうち、7パターンしかないということは、7÷13=53.8%の確率で、3ターン目までに欲しいカードを引けるのだ。
もちろん完全に均等に分ける几帳面な人はいないが、これをやればやるほど31%から53%への20%もの確率操作を行っていることになる。

■散らすことでカード1枚のスペースを確保していた
さて、もう一度思い出して欲しい。この20%の差はほぼ3枚投入と4枚投入の確率の差に等しい。これをやっている人は普通の人だったら4枚の感覚でデッキを調整する形で3枚のカードを投入している。この1枚の差をガチの人なら実感できるだろう。
では、きちんとシャッフルするとどうなるであろうか?50%前提で組まれていたバランスが30%に落ち、動きがグチャグチャになる。問題の動画でも何回も差し替えをしており、カメラに写っている所で堂々とやっている。これはつまり、イカサマという悪気はなく、いつも散らしをやり確率を調整前提のデッキの可能性が高い。決勝に来るくらいのピーキーなデッキだ。もし、あそこできちんとシャッフルしていれば、それだけで勝てた可能性も高い。

ここまでくれば「シャッフルするだけの強さ」がわかるだろうか?相手のギリギリの調整をした確率バランスを崩す。これだけで、事故率=勝率は10%は上がる。現にKanjuは福島CSで1敗だけの成績だったが、この手で相手が事故っているのも見ている。
一番賢いのは自分はこの確率調整をして、相手にはしっかりシャッフルすることだが、この手法を公開してしまった。つまり対戦相手もこの手法を使ってくる可能性は今後高くなってくるだろう。ならば調整のときも散らしを行わない、しっかりとしたシャッフルをしないと、CSで事故を起こして首をかしげながらチッと言っているのは君になってしまうのである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。