スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

DM:ボルコンとはなんぞや
なんかボルコン杯界隈が騒がしいようですが、実はよく知りません。
大会で半数以上がボルビートだったとか?

要するにボルコンとはなんぞやって定義しようとすると、とても難しいんですよね。
クリーチャー数を減らしたりすると、クリーチャーでコントロールするボルコンはありだと思いますし。
禁止制限なんてやってたらきりがない。

個人的には「ジャッジによる審査制」が最適なんじゃないかなと。
リアル大会であれば、大会の対戦終了後に「ボルコンじゃない」ってジャッジ申請があったときに審査。
vaultであれば、大会終了後に優勝デッキをジャッジし、状況によっては失格。

それだけだとジャッジの判断によっていかようにも変わるので、
「このルールはあくまでも過去のボルコンと言われたデッキで対戦を目的とするための審査制です。
 ボルコンの定義の隙をついたビートデッキなどを抑止するために作りました。」
と明示し、過去のボルコン杯のデッキレシピなどを公開し、
「今回のジャッジはこれはOK、これはNG、これはOK、これはOKとします。
 このルールの隙をつこうとしている意識をジャッジが感じた場合は失格とします」
「なおレシピを事前に送っていただければ、
 ・完全セーフ(多少変更なら問題ないよ!)
 ・ギリギリセーフ(このレシピから動かさないならセーフ)
 ・アウト(多少の変更ではセーフにならないよ!)
 から判定します。」

みたいにすれば公平さはでるし、ルールの隙をつこうとする人もいないんじゃないかな。
ルールの隙をつくプレイヤーは粋じゃないという気持ちはわかるけど、定義が難しいものは、勝ち負け+審査制にしないと無理じゃないかなぁと思う。
これなら、超次元ありボルコンだろうがなんだろうが、ボルがいなくてもいいボルコンでもなんでもできるでしょ。
スポンサーサイト
2013/02/20(Wed) | DM:小話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://monoki.blog78.fc2.com/tb.php/1979-9a705131
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。