スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG:青緑墓地精神叫び

GP神戸目前ということで、大会に優勝したい!という諸君のために、史上最強のデッキをお届けするという名目でライバルのパワーダウンをはかる企画で一日2回更新!神戸から遠く離れたところにいるけどな!
■クリーチャー
4x極楽鳥
4x錯乱した助手
4x精神叫び
4x金切り声のスカーブ
4x甲冑のスカーブ
2x吠える絡みワーム
4xグール樹

■その他スペル
3x思考掃き
2x有毒の蘇生
2x追跡者の本能
3x蜘蛛の発生
2x不気味な開花

■土地
1x森林の墓地
1x水没した地下墓地
1x沼
1xネファリアの溺墓
4x内陸の湾口
4x進化する未開地
6x森
4x島

墓地を肥やしてグール樹で殴りつける…デッキに見えますが、真の主役は《精神叫び》
《有毒の蘇生》がハイパーお洒落カードで、墓地にある《グール樹》をデッキトップに置くとなんということでしょう!
《精神叫び》が9点ダメージを与えられます。
つまり、
《精神叫び》:墓地肥やし
《グール樹》:墓地活用、デッキトップに行くことで大打撃
《有毒の蘇生》:デッキトップ操作、墓地回収
この3すくみのシナジーが完成しています。
《有毒の蘇生》のデッキ操作のもう一つの選択肢として《不気味な開花》を持ってくれば、デッキトップに置くアド損はすぐに取り返せるので、気になりません。

《グール樹》は評価が低いですが、かなり強力なカードと実感しています。
ルアゴイフの血糖を継ぐものは、裂け木の恐怖か、骨塚のワームと思っていたのですが、10/10に育てるのは難しい。
墓地にクリーチャーを4枚なら貯めるのは難しくないため、そこを想定すると、4マナ10/10というクリーチャーはかなりの高スペック。
《吠える絡みワーム》で2回殴ればゲームが終わります。

また、忘れてはいけないのが、《蜘蛛の発生》。
こいつが実に強力で、到達なので飛行も防げる、タフネス2なので、被害は半分と実に頼りになります。
このデッキがあれば、君もGP神戸優勝はできないと思う!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。