等身大Lat式初音ミク 1
ついに大型作品新章突入
この初音ミクをついに等身大に!


今日は顔だけできました。

規模が大きいと、相対的に紙の特性が変わり、今までの技術がまったく通用しません。
例えば、曲げはモデラーでは小さくしか曲げられなかったり、大きくなれば強度の問題が出てきたり、持ち運びの問題も出てきたり…
新しいノウハウを開発しながらの新章。
果たして完成はなるのか!?あと完成したらどうしようか。
スポンサーサイト
2011/11/28(Mon) | シャドーボックス雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://monoki.blog78.fc2.com/tb.php/1840-80fba3d5
前のページ ホームに戻る  次のページ