スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG:緑青イニストルアゴイフ

久しぶりにカードゲームブログらしい記事です。
今MTGのスタンが熱い!
なんといっても墓地を活用するルアゴイフ的クリーチャーが低コストで3体も!!
自分の墓地だけになってしまいました、超感動!
Boneyard Wurm / 骨塚のワーム (1)(緑)
クリーチャー ― ワーム(Wurm)
骨塚のワームのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。
*/*

Splinterfright / 裂け木の恐怖 (2)(緑)
クリーチャー ― エレメンタル(Elemental)
トランプル
裂け木の恐怖のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードをあなたの墓地に置く。
*/*

Kessig Cagebreakers / ケッシグの檻破り (4)(緑)
クリーチャー ― 人間(Human) ならず者(Rogue)
ケッシグの檻破りが攻撃するたび、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、タップ状態で攻撃している緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
3/4

なんで種族がルアゴイフじゃないんだ!という心の叫びがありますが、こういうクリーチャーを出してくれただけでよしとしましょう。
これで墓地を肥やしてブンブンすれば勝ちというわかりやすい。
そしてイニストラードでは使える墓地肥やしが増えているのがありがたいところ。
そこでつくってみたのがこのデッキだ!

■クリーチャー
4x極楽鳥
4x錯乱した助手
4x精神叫び
4x骨塚のワーム
4x裂け木の恐怖
3x甲冑のスカーブ(※検討中)
4xファイレクシアの変形者(※検討中)
4xケッシグの檻破り
3x鏡狂の幻

■その他
4xマナ漏出(※検討中)
4x根囲い(※検討中)

■土地
4x内陸の湾口
9x森
7x島

今の環境で強力な墓地肥やしが、《精神叫び》と、《鏡狂の幻》

Mindshrieker / 精神叫び (1)(青)
クリーチャー ― スピリット(Spirit) 鳥(Bird)
飛行
(2):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを自分の墓地に置く。精神叫びはターン終了時まで+X/+Xの修整を受ける。Xは、そのカードの点数で見たマナ・コストである。
1/1

Mirror-Mad Phantasm / 鏡狂の幻 (3)(青)(青)
クリーチャー ― スピリット(Spirit)
飛行
(1)(青):鏡狂の幻のオーナーは、それを自分のライブラリーに加えて切り直す。そのプレイヤーがそうした場合、そのプレイヤーはそのライブラリーの一番上のカードを、《鏡狂の幻/Mirror-Mad Phantasm》という名前のカードが公開されるまで公開し続ける。そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。
5/1

どちらも共通した利点として、
・墓地を肥やせる
・自分が墓地に落ちてもクリーチャーとしてカウントされる
・ルアゴイフの弱点の飛行を補い、フィニッシャーになる

《精神叫び》は、余ったマナを全部つぎ込めるので、マナ加速を大量に入れてしまっても良い消費先になります。
2がめくれてトントンで、デッキを知っている人でも5のプレッシャーは相当なもの。
不確定故に恐ろしいです。
モダンとかになると、デッキトップ操作を組み合わせたコンボデッキが出てきそうですね。

一方《鏡狂の幻》は爆発力で一気に勝ちまで持って行きます。
7マナで持っていけば、突然死させることも可能。
打点が5なのであと一押しにも便利。

《錯乱した助手》が超優秀で特に行動をしなくても墓地を肥やせるのがありがたい。

(※検討中)としたところは比率的にどうしようか考え中。
この手のデッキの難しいところは「クリーチャーが多くないと墓地が肥えない」ってところなので、
非クリーチャーカード8枚いれただけでクリーチャーヒット率は1/2近くまで落ち込んじゃうのです。
《禁忌の錬金術》を入れたいけど、軽量の《根囲い》優先かなぁとか。
打ち消し系統がなくなると、妨害が薄すぎるよなぁとか。

黒をタッチして、ライブラリ破壊土地を入れて、墓地回収できるクリーチャー入れたいとか…
難しい…
スポンサーサイト

コメント

今ってルーター居ないんですか?

あと、スネオヘアー採用してみてはいかがでしょうか

ルーターはいいですね。
スネオヘアーは5マナ域がたくさんになってしまいますね
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。