スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整することを正しく意識しよう

久しぶりの役に立つ記事!
記憶がたしかなら、ここ数カ月のDRで決勝進出率100%、優勝確率50%と驚異的な成績を残しているKanjuの秘密を公開!
最近思うのは、大会に勝つために「調整するパラメータを正しく意識する」ことが重要だなと思います。「勝つこと」を意識するだけだとかえって悪くなります。
「勝つ」という概念は漠然としすぎて、勝つためにどうしたらいいかが抜けてるからです。
「勝つためにどうしたらいいか?」を掘り下げていくと何を目指せばいいかがわかります。

■デッキ準備編
大会で優勝するために最も重要なことはなんでしょうか?
それは「自分の勝率を最高に持っていく」ことだと思います。

○大事なのは事故率ではなく勝率
よくある判断ミスとして「100%の勝利を目指すというのがあります」事故っても勝つ。
事故率の高いデッキを避けることになり、必然的にコントロールよりになっていきます。事故率を下げたところで、100%の勝利なんて幻想です。
「事故率20%で100%負け」ても「勝率80%」であれば勝率は80%です。
こんなデッキはありませんが、事故を恐れて勝率を見誤るとだめということです。
(日本人のコントロール好きは100%勝利を求めた結果と最近思ってます。)

○敵を知り己を知れば百戦危うからず
敵を知る必要もありますが、自分を知ることはそれ以上に重要です。
9月のPS環境初日で優勝したときの方法です。
・自分を知る
この大会には準備不足なのは分かりきってました。そして超次元をまともに使ったことがないwその状況で「環境で」ではなく「Kanjuが使って」高い勝率を出すために、簡単に使えるデッキが必要でした。
・敵を知る
前評判は、超次元呪文中心の環境なのは明らかでした。しかし、それはどれも5マナスタート。つまりその前に倒してしまえば…?

この二つを判断して「Kanjuが使用してもっとも勝率の高いデッキ」と判断したのが「速攻」だったわけです。
はっきり言って当時の速攻は弱いですが、弱いがゆえに対策は甘いと予想できたわけです。
あの大会は相当運ゲーもありましたが、「環境最強のデッキ」を求めていては情報に左右されて勝てなかったと思います。

■大会当日編
大会当日、勝つためには「自分のベストをつくせる状態にする」のがもっとも勝率が上がるはずです。
では「ベストを尽くせる状態」とはなんでしょうか?
「練習の成果が発揮できる、いつもどおりのプレイをすること」だと思います。
とすると「いつもどおりのプレイをする」にはどうしたらいいでしょうか?
ここらへんから個人差になってくる世界です。
睡眠時間ひとつとっても「短く、長く、いつもどおりの時間」と選択肢が考えられます。
DRを公式大会に見立てて「ベストを尽くせる体調、精神状態」を研究するといいと思います。

○逆に考えるんだ。負けちゃってもいいやと考えるんだ。
少し前だと「出るからには勝つぞ!」と意気込むことが多かったです。
これやっちゃうと「勝つためにはどうしたらいいか」を意識しすぎて、普段よりリスクを恐れて結局負けるなんてことがよくあったんですね。だから大会当日は「負けちゃってもいいや。」と完全に諦めることにしてます。
デュエル前もこれ負けたらどうしようなんて考えるわけですね。対戦中はフリー対戦をしてるつもりでやる。諦めることで気負わずにプレイでき、結局ベストに近い状態で戦えます。

諦めることを否定する人も多いと思いますが、あくまでも自分がベストの状態で挑むために考えた方法です。万人に使える方法ではありません。プレッシャーが強いほうが燃える人もいると思います。
個人差は様々あると思いますが「勝率をあげる」ために「ベストの状態にする」という正しい方向を持つからこそできる考え方です。トヨタ生産方式の秘密のひとつは「なぜを5回繰り返す」と言います。勝率を最高にするためにどうしたらいいか、「なぜ」を5回繰り返してみて自分にあったベストの方法を探してみてください。
スポンサーサイト

コメント

通りすがりです

通りすがりです(笑)

めちゃくちゃためになりました(T-T)
なんか共感できる部分もありました(笑)
自分もこうなりたいです

後ブログもよろしくお願いします

お役に立てれば幸いです
本当に大事なことまで辿り着けば、ひとつ成長したもどうぜんです!
頑張ってください

同感ですね

私も最近は「負けてもいいから楽しくやろう」と言う気持ちでDR出てます

そうすると単純なミスが減るんですよね

プレイも慎重になりすぎてアタックしてたら勝ってたなんて事もあります

これは大会にあまり慣れてない人なんかが読むと凄く効果が出るんじゃないでしょうか?

日本人はマジメなのでそういう気持ちで戦うと怒られちゃうんですよねw
ベストをつくすためにあえて手を抜いて何が悪いと。
緊張してしまう人にはぜひ読んで欲しいですね。

今日大会出たら丁度そういう状況で負けました。
負けてもいいんですね 変に切れ気味になってしまった。

ためになります^^

平常心をどう保つか。これが大会当日のポイントだと思います
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。