スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM:超次元ゾーンのはったり

超次元ゾーンでハッタリができるのは前からありましたが、種類も増えてきたので「超次元の組み合わせでストーリー」を表現できるようになってきました。例えば、

「小型のサイキック+オーフレイム+本命1枚」という構成なら、本命がおまけに見せかけられるので、ヤミノサザンを抱えてくれるかもしれません。

赤がはいったビートに、「チャクラとボルシャック」を入れておき、「あれ?事故ってる?こないな?」とかつぶやいていれば、「白が来たときにチャクラ登場」を警戒し、ブロッカー破壊を握ってくれるかもしれませんし、手札にある超次元呪文を抜くために、盤面処理よりハンデスを優先してくれるかもしれません。

必要なサイキックが2枚以下の場合、「万が一の場合に出す」クリーチャーを入れることが多いと思います。
サイキッククリーチャーの組み合わせでストーリーを作り出し、相手の予測を謝らせるようにするという作戦も面白いと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。