スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

カードゲーマーのための就活講座1「夢なんていらない」
以前、某デュエリストに話した「TCGゲーマー向けの就職活動講座」を思い出しながら書いてみました。ちなみに、Kanjuは会社の人事担当でも、就職活動のスペシャリストでもなんでもありません。自分が人事だったら、学生のこういうところを観るんじゃないの?という非実在性人事Kanjuをメタにした面接攻略法です。あまり真に受けても困りますが、就職本には書いてない面白い見解もあると思います。
■仕事とは相手の立場にたって行動し、相手を助けて対価を得ること
これを意識して、日頃から身近な人に実践してみてください。
相手が今何をしたいか、何を必要としているか考え手助けをする。仕事は結局これだけのことです。まだ仕事ができないうちは、上司や同僚の雑用をこなすことで上司の時間を作れば立派な仕事です
それができる新人は「できる」のです。

大半の学生が犯すミスは「自分が就職したいから自分のために活動する」ことです。
この「自分がどうしたい」という意識を捨てることは大事。
これは奴隷になれという意味ではありません。まず相手が必要なものを提供しなくては価値を生まないのです。自分のしたいことがあるなら、そのやりたいことが相手に役に立つか一致するか常に意識すること。それができないなら趣味にとどめておいたほうがいいでしょう
趣味を仕事にして失敗するのは、たいていこのパターンです。

■言われたことをやるのはバイトの仕事。何をすれば利益を生むか考えられるのが社員
最初のうちは指示通り動くのは仕方がありません。
しかし、途中から自分で状況を判断して、決断ができるようにならなくてはいけません。
相手の言うことにビクビクする人間よりも、自分で考えられる人間が重宝されるのはわかると思います。相手の言うことを聞くだけの自ら奴隷になろうとする人間は、奴隷を望む会社でしか採用されません。
ですので、とにかく考えて決断することが大事です。
バイトをしていても「自分はこうした方がいいと思います。理由はこうです。こう動いていいでしょうか?」という形で上司にアプローチしてみてください。上司と考えが少しずれているなら注意点を教えてくれますし、全然違う場合なら。バイト脱却のための考える練習になり、時給もアップすると思います。

■自分が面接官になって、その話を聞いて採用できると思いますか?
ということを、上記を踏まえて考えて行動してください。ここは誰も教えてくれません。
相手の求めているものと、自分ができることによりみんな答えが違います。
ここを考えられるからこそ、価値のある人材だとアピールできるのです。

■企業の選び方
今あなたが名前を挙げられる企業は皆んな知っています。だから倍率がとんでもないことになります。
輝かしい実績が無ければ、1,2社記念受験して諦めるのが得策かもしれません
良い企業に入りたいと思ったら、BtoBを主体とした一般人はしらない一流企業を狙うのがおすすめです
日本の企業は5万社。規模が小さい優良企業。規模が大きくても知られてない企業はたくさんあります。
「学生が知らない優良企業」これがポイント
最近はここもしっかり勉強してる学生も多いようですが、社会人は自分の業界に関わる知名度の低い、業績の良い企業を知ってます。それとなく聞いてみてはどうでしょう?

■志望動機
夢を持ってないのは当たり前
就活で夢を煽ってきますが、夢は何かできるようになってから、その延長線上で見えてくるものです。
何もできてない学生は、夢を持たずに堂々してていい。
「夢を持ってる若者」という存在は老人の作った幻想です。
身の回りの商品は全部誰かが作ってます。その中には、学生が夢を持って入らないような商品がたくさんあることに気がつくでしょう。
だけどそこに務める人が希望なく働いてるわけではありません。就職するときはそんなに深く考えてなかったとしても、仕事を通じていく中で夢を持った人はたくさんいます。

マニュアル人間は嫌いですので言葉はぼやかしますが、「TCGを通じて夢を覚えた。仕事の夢はこれから持つ」ようなことを、自分の言葉で素直に語ったほうが逆によい結果がでるとおもいます。
少なくとも「夢は普通持っていない」という原則を知るだけで、就活の志望動機がだいぶ楽になるのではないでしょうか?

■何をしたかではなく、何を学んだか
学生時代のときの実績なんて五十歩百歩。大して重要ではありません。
面接官が観るのは「あなたがしたことから、何を学んだか」ということです。
「テニスサークルの部長やってました。この経験を生かして御社でリーダーとして活躍できる人材になれると思います。」
「TCGを通じて、勝った時の喜び、負けた時の悔しさ、対戦相手の大切さ、そしてその仲間を和を守るためのマナーを知りました。カードで勝つために行った様々な工夫や努力は、そのまま仕事にも使えます。」
極端な比較ですが、どちらが魅力的な言葉かと言ったら明らかだと思います。

自分の趣味はマイナス評価になるのではないかと怯えている人が多いですが「TCGが趣味です。」と言っていいと断言します。
変な趣味と誤解するような人なら、その誤解を解くだけで大きな得点です。
「あぁ、息子がよくやってる子供の遊び」とか言ったら大チャンスです。
TCGがいかによい遊びか、子供の教育に役立つか持論を述べることで「趣味一つで様々な言葉を語れる人」になります。

■非常識人は嫌われます
面接本は軽く読んでおいたほうがいいでしょう
立ち居振る舞いや、着てるものが常識をはずれていると、相手にマイナスな先入観を与えます。

カードゲーマーのための就活講座1「夢なんていらない」
カードゲーマーのための就活講座2「仕事と理不尽」
カードゲーマーのための就活講座3「やる気の見せ方」
カードゲーマーのための就活講座4「就活最強のデッキレシピ公開!」
カードゲーマーのための就活講座5「ブログを書いて面接を突破しよう!」
カードゲーマーのための就活講座Final「すべてはつながっている」
カードゲーマーのための就活講座7「守ると良くなるという罠」
番外編 シャドーボックスで行う就活講座
スポンサーサイト
2010/08/18(Wed) | TCG就活講座 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

コメント
----

はじめまして。現在大学3年生である私にとって、とても印象に残る内容でした^^
by: 半月 * 2010/08/18 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

まだ高校生ですが、ためになりますね・・・
7年後この内容を実践できているのか、自信がないです。
by: 麗 * 2010/08/19 01:42 * URL [ 編集] | page top↑
--自分で考えられる人間--

私はこう見えて、採用する側の立場にいます。
(職種はデザイン事務所です)
kanjuさんの言うとおり、
とくに’自分で考えられる人間’が必要です。
あと、
・目を見てしゃべれるか?
・あいさつはちゃんとしてるか?
・はきはきしゃべれるか?
という基本が出来ていない人多いです。
採用時に優秀であることはどうでもよく、
学生レベルで傑出していることは必要ないんです。

基礎的な対人コミュニケーション能力を身につけてほしい。
それは一番学校で習わないこと、
決して一夜漬けできません。
TCGを数多くの人間とやってたら、身につくとおもいます^^;
いつも身内だけとかでなく、遠くへ遠征してみましょう!
ね、kanjuさん。
by: ヨッシー * 2010/08/19 20:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

>半月さん
少しでもお役に立てれば幸いです
良い会社に就職できますように。

>麗さん
7年もあるのですよ。
今から意識して動けば、就職活動なんて余裕です。

>ヨッシーさん
そうですよね。
学ぶ姿勢があればあとは勝手に伸びますからね。
世間の風潮が即戦力なように思わせているので、学生も即戦力でないから自信を持ってない人が多いですからね。

こんどまた遠征したいですねー。
by: Kanju * 2010/08/19 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
--いや~面白かったです--

 いい記事でした。

 あんまり感心したので、パクって私も自分のブログで語ってしまいました。
by: ポコ丸 * 2010/08/19 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://monoki.blog78.fc2.com/tb.php/1500-89c041ff
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。