スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG:《奇声スリヴァー/Screeching Sliver》

Screeching Sliver / 奇声スリヴァー (青)
クリーチャー ― スリヴァー(Sliver)
すべてのスリヴァー(Sliver)は「(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを1枚、自分の墓地に置く。」の能力を持つ。
1/1

こいつやばくない?
否定のワンドで、相手のライブラリをちょろっと除いて、土地だったら落とす。

Wand of Denial / 否定のワンド
アーティファクト Visions,レア
(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーの一番上のカードを1枚見る。それが土地カードでない場合、あなたは2点のライフを支払ってもよい。そうした場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く。

このコンボが恐ろしいのは、継続的に恐ろしい効果を発揮するのに、マナコストがかからないこと。
しかも、2ターン目から動き出す。

マナがかからないのをいいことに、残ったマナでランデスを行っていけば、恐ろしいアドを得られるはず。
また、珊瑚の戦士など似たようなカードがあるので、徹底的にライブラリを操作していけば、凶悪なランデスになりそう。
マナエルフの処分などの課題も多いけど、コントロール系デッキは泣く。
スポンサーサイト

コメント

コントロール相手に効きそうですねぇ。

ビートダウンには、、ちょっと間に合わない気もします。。

自分もあとで、そう思いました。
特にレガシーじゃぁ…
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。