スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:モンスター投入20枚論

遊戯王を始めた時に、デッキ構築の基礎を見ると

モンスター18枚
魔法 16枚
罠 6枚

というのが、多かったと記憶してる。
が、個人的に「モンスターは20枚」と今は考えている。
理由としては…
まず遊戯王において、通常のデッキであればモンスターは戦闘の要であり、「場にも手札にも存在しない。」という状況が極めてまずいことが多い。
モンスターは、相手を攻めるときのダメージ源であり、相手のモンスターから守るときの防御源でもあるからだ。
つまり「モンスターが0になるリスク」というのを避ける必要性がある。

それにも関わらず(それゆえにというべきか)、除去が環境内に非常に多いために、相手に除去カードが数枚あれば、18枚程度の場合、モンスターがすぐに尽き果てる。

なので、手札には常にモンスターが存在する状態が理想だ。
それを守るためには、ガジェットなどがない限り、18枚では若干少ないというのが、自分の感想。
意外と気づかれてないが、リクルータからサーチすればするほど、デッキからモンスターを引く確率も減ることは注意が必要。

それも踏まえて、18枚よりちょっと多い、20枚くらいが理想ではないかと、自分は考えている。

そうした場合、手札がモンスターばかりで、必要なときに展開ができず、困るのではないか?
と思う人もいるだろう。
だが考えてみれば、魔法罠が何枚でもセットできるからといって、全部伏せる人間は初心者である。
大量除去のリスクが、高いからだ。
それはモンスターでも一緒で、手札に何枚あったって、どうしても大量展開しなければならない必然性は低い。
手札に一枚しかないモンスターをとりあえず出すよりも、手札に二枚あるモンスターから、状況に応じたモンスターを出すのは弱いことではない。

結局、
「モンスターが手札から存在しなくなりやすい」
「モンスターが手札にあまりやすい」
どちらがよいかといったら、やはり後者なのだ。

そのためにも、標準である18枚より、若干多めの枚数モンスターを投入することをお勧めする。
ただし、有利だからといって、調子に乗って展開しすぎないことが重要である
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。