スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドーボックスは量産販売すべき

シャドーボックスって実は量産販売するのにすごく向いていると思います。
完成品としても、製作キットとしても。
シャドーボックスって、本質は
・紙を切り抜く(多少変形させる)
・見栄えのよい高さに貼り付ける
ってだけなんです。

つまり、
・切り抜くべき形の紙(ミシン目などを入れた簡単に切り抜けるやつ)
・貼り付ける場所が明確にわかるような形の台座
・説明書
の3つを用意すれば、【誰でも作れる】キットが、簡単な技術で完成してしまうわけです。

作る人は、ミシン目にそってパーツを切り取って、
台座の指定した位置に、貼り付けるだけですから簡単。

ペーパークラフトの技術を借りれば、立体感も出しやすいかと思います。
プラモやフィギュアはお値段的にも敷居が高いですが、コストの安い立体物として、商品価値があるんじゃないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

こうして、世界初のシャドーボックス企業、『kanju社』が誕生した・・・

タカラトミーあたりに、ガンプラに対抗する形で実現してほしいです
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。