スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DR結果

今日はクールオフ。
参加者の皆さんお疲れ様でした。

会場ではDRも開かれたので、五色ハイランダーで参戦。
トーナメント制で、結果は四位。
すげーという気もしますが、参加者は10名なので、よい成績ではあるけれども、まぁ運だけでも入れなくはないかな?という感じ。

速攻という読みは、見事に当たったのですが、青単はそれ以上に強くて、そこで敗北。
「光神龍ダイヤモンド・グロリアス」のルールを見事に間違えて自分自身にもダイヤモンドカッターと勘違い。
2回戦のTKKWさんとの戦いでは、間違ったルールを使って勝ってしまいました(かなり状況は優位ではあったけども)
で、それの天罰を食らって、3位決定戦のやっしーさんとの対決では、そこを見事に指摘されて、エグゼドライブを出せば(トリガーなければ)勝っていたのに、こっちを出してしまって敗北。

初戦の赤単の人と、敗北した青単の人が物凄く態度が悪くて、競技的にはこういう人たちと、戦わなければならないのは仕方ないのだけど、これだったら参加したくない。と思わせるには充分でした。
競技的で、勝ちにこだわるプレイは否定はしないけども、ゲームは、やっぱり楽しくないと。
勝つために机をトントン叩いて、相手を焦らせるとかマジで勘弁。
特に強力なプレイヤーは子供達の目標となるために、マナーにも気を使って欲しいものです。

で、その後MTGを中心にフリープレイ。
いやぁ、MTGも面白い。

遊戯王の「推理昆虫」はかなり面白いので、もっと見せびらかしたかったのですが、あまりプレイできず残念。

今回のDRで使った五色ハイランダーで、某強い人に挑んだのですが、ネタの連ドラに三連敗。
ゴーゴンシャック強すぎる…
某氏は、「強いのでガチデッキで」と挑まれたようですが、自分はネタにも勝てません。
遊びレベルで戦っている自分と、本気で戦っている人のレベル差を実感しました。

遊びレベルだったら、強いと思うのですけどね。
多分強いと思う
強いんじゃないかな。
ま、ちょと覚悟をしておこう。

本日の名シーン。遊戯王にて
Kanju「名推理。レベルを指定してください」
やっしーさん「4」
Kanju「レベル4!アタリです。では髑髏顔天道虫が墓地に落ちたので、1000点回復します」
スポンサーサイト

コメント

どもです。今日はおつかれさまでした。大会、内容的には自分の負けでした(汗)また機会があったら一緒に出場しましょう!

(´・д・)お疲れ様でした~
もうね・・どんな世界にもロクデナイ人はいますよね
そう考えるとクルクルオフで知り合えた皆様が
いかに紳士かよ~くわかります♪
また楽しく遊んでくださいね~
(せめて遊びになるぐらいにはと精進中)w

ほんと、クールオフの面々に出会えたのは幸運です。
こんなにカードが楽しいとは、思いませんでした。

質の悪いユーザーにたいする教育は、カードゲーム全体の課題だと思います。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。