スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG:続唱ビッグナヤがこの先生きのこるには

続唱ビッグナヤは、久々のヒットデッキ。

課題1:《ガルガンチュアンの贈り物》の成功率
引けないカードが15枚も入っているので、1/3くらいの確率で1ドローになってしまう。

課題2:悪斬先生対策
対戦したことがないが、こいつを落とす手段がない。
タフネスが5以下。
ボガヘルがプロテクションにひっかかる…
さらに悪斬先生に対抗できるカード、《マラキールの血魔女》先生の対抗手段も少ない

どうしたものか…
案1:《ガルガンチュアンの贈り物》を抜く
抜いた後のよいカードがない…

案2:マナ加速を極楽鳥、ラノワールのエルフに変更
マナ加速がクリーチャーになれば、《ガルガンチュアンの贈り物》の失敗率は約半分。
この2体はフェアリー対策に巻き込まれて、焼かれるという理由で抜いていた。
今の環境だと、焼き鳥にされる。しかし、1→3ときれいにつながり、テンポはよくなるので悩みどころ。
さらに《硬鎧の群れ》の成功率が下がる

案3:タッチ黒
黒をタッチしてなんとかする。
《ガルガンチュアンの贈り物》を抜いて、《荒廃稲妻》
ジャンドタッチ白の、逆バージョンですな。
いい塩梅で、緑黒、黒白のフェッチが2枚ずつ余ってる。
瀝青破を4枚追加して、続唱に特化させてしまうのも面白い。

あれ?この案って共存できね?
スポンサーサイト

コメント

黒混ぜるなら、《死の印》がいいよと言ってみる。
ビートなら素直に《反逆の行動》とか《精神制御》で掻っ攫うって方法がいいと思うよー。
ゴブリンスライなら悪斬来る前に殺っちゃうのにゃはは!

ありがとうございます
《死の印》はサイドボードには最適ですね。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。