スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナジーの作り方

自分がシナジーを考えるときに、考えているのが「大三元コンボ」といわれるシナジー群
これは、昔M:TGをやっていたときに、当時の知り合いが編み出したコンボの通称で、記事の後ろに補足でつけておく。
このコンボ強さは、
「三種類のうち2パーツがそろえば、それなりのシナジーが組めて、三つ揃うと爆発すること」
カードAとカードBが揃う確率というのはかなり低いが、3つのカードのうち2つが来ればよいなら、かなり安定した動作が期待できる。

なので、よいシナジーを見つけたら、自分はそのシナジーを構成するカードの両方ともに相性がよいカードを、うんうんうなって探す。
物凄く相性がよくなくても、片割れをサポートできればよい。
それだけで、単独で手札に存在するよりも、格段に事故率が減るのだ。

最近みつけた一番いい例が、DMの「リンゴ大三元」(今命名)
「ビクトリー・アップル」
「ダンディ・ナスオ」
「メビウス・チャージャー」
で構成される。

「ビクトリー・アップル」+「ダンディ・ナスオ」ならば、
「2ターン目にナスオの効果で、ワイルドベジーズをマナに置いて、クリーチャーを墓地に置く」
ことにより、3ターン目にフォートEが働いて
「ビクトリー・アップルの効果で、墓地に置いたクリーチャーをマナに置く」
ことで、マナ加速が可能。

「ダンディ・ナスオ」+「メビウス・チャージャー」ならば、
「2ターン目にダンディ・ナスオの効果を発動して、ナスオをデッキに入れた本来の目的を果たす」
「3ターン目にメビウス・チャージャーでナスオを墓地に置いて5マナ貯める」

「ビクトリー・アップル」+「メビウス・チャージャー」は最悪のパターンであるが、
「ビクトリーアップルをメビウスチャージャーでマナに置くことが可能」である。

恐ろしいのが、コンボが揃ったとき。
まず、「ダンディ・ナスオ」の能力でクリーチャーを落としつつ、「ダンディ・ナスオ」+「メビウス・チャージャー」の動きをする。
すると、これが終わったときにマナゾーンに残っているのは「ダンディ・ナスオ」と「メビウス・チャージャー」。
つまり、「メビウス・チャージャー」直後に追加の「ビクトリー・アップル」フォートEが発動するのだ。
つまり3ターンにして6マナになる。
ただし、手札は1枚しか残らないが。

そして、いずれのパターンでもワイルド・ベジーズをマナに置けているので、その後のビクトリー・アップルのフォートE発動が容易なのだ。

大三元でないコンボデッキの場合だと、例えば遊戯王で「安定した生贄カード」+「上級モンスター」というシナジーを狙ったデッキを作るとすると、この2つの役割を果たすカードばかり入れてしまうことになる。
すると、生贄用カードばかりが手札に来たり、上級モンスターカードばかり手札に来る事故が多くなる。


補足:
M:TGにおける「大三元コンボ」
かなりうろ覚えで、正確な動作は不明。
ただ、パーツ構成はあっていたはず。

魔力の櫃
時の砂
ドラゴン・エンジン

の組み合わせ。
たぶんM:TGやっている人にも理解できないと思うが、何故かこのデッキがやたらめったら強かった。
使い方が間違ってたかもしれないが、多分こんな感じ

「魔力の櫃」+「時の砂」だと
「マナが足りないときは「魔力の櫃」で補い、マナが余りそうなときは「魔力の櫃」のアンタップにマナを使う」
運用をすることで、自分には「時の砂」のデメリットをあまり受けにくくなる。

「時の砂」+「ドラゴン・エンジン」
「ドラゴン・エンジン」の「いつでもマナが消費できる」能力により、時の砂のデメリットを最小限に抑える。

「魔力の櫃」+「ドラゴン・エンジン」
「魔力の櫃」を立たせておけば、結構なパンプアップになるので、「ドラゴン・エンジン」が侮れないクリーチャーに。

このコンボ自体は主軸ではなく、「魔力の櫃」や「時の砂」を利用したマナ加速で、巨大クリーチャーをガンガン出していた気がする(超うろ覚え)

ちなみにドラゴンエンジンは、出た当初からクソレア扱いで、現在までそこから脱出したことがない(はず)。
それを見事に生かしたという意味では、今のKanjuのプレイスタイルに直結している。
スポンサーサイト

コメント

我流大三元

〔ペンチ〕
〔バニキス〕
〔ナスオ〕

〔ペンチ〕+〔バニキス〕
SA2体提供
〔ナスオ〕+〔バニキス〕
安定度アップ
〔ナスオ〕+〔ペンチ〕
1マナSAを提供

くらい?
〔ナスオ〕が強すぎた。
依存気味な感じがぬぐえない。
非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。