スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナジーは掛け算

昔、シナジーもコンボもひっくるめてコンボだった気がするけど、最近は一撃必殺に近いものがコンボで、それ以外をシナジーというらしい

デッキ構築の際は、常にシナジーを考えたい。
個人的な感覚でしかないが、強いカードをいくら積んでも、強さは足し算にしかならない。
しかし、良シナジーにおけるカードの強さは、掛け算で計算できると思う。
どこかのサイト(M:TGの研究だったような気がする)で、ベクトルで説明しててわかりやすかったのだけど、再検索してもページが見つからず。
カードを投入するときは「強いから」入れるのではなく、「このデッキに必要だから」入れるようにしたい。

もちろん強いカードがいけないとか、スタンがいけないという意味ではなく、強いカードを投入するなら、投入したカードから、さらに強いシナジーを得られるように投入したい。
そうすれば、強いカードが掛け算されて、恐ろしい効果を発揮するようになる。
例えば、「E・HEROエアーマン」を入れて置くなら、最低でも他のカードとのシナジーがよい「HERO」を一枚入れておきたい。
そうすれば、3枚目のエアーマンが単独で出てきても、無駄になる確率はきわめて低くなる。
3枚目でなくても、例えば「ダッシュガイ」を一枚入れておけば、「ライトニングボルテックス」を使うときに、こいつを持ってくれば手札コストの被害が最小限になる。

強いカードでなくても、他のカードのシナジーが強く、掛け算で計算すれば必須系よりも強いカードもあるかもしれない。
そこらへんを検証するのに、虎さんのUS環境は非常に面白い。
つまずきデッキをUS環境用に調整したけど、また通常環境用に戻したら、元のデッキとは全然違うデッキが出来上がるのは確実。
強いと言われるカードを片っ端から抜くことによって、弱いとされるカードでも充分強い効果が発揮されるのがわかったし、「デッキにとって本当に必要な」強いカードを見抜くことができたからだ。
必須カードを抜いても壊滅しないデッキならば、一度はUS環境に転向してみることをお勧めする。

明日は、強いシナジーの作り方の予定
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。