スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】目玉の壺が飛び出てダンダーン【シャドーアート】

P1010610 - コピーP1010602 - コピー


というわけで新作です。
目玉の壺は瓶の再現に気合入れました。原型を作って、ヒートプレス!
大変でしたが楽しかったです!
スポンサーサイト

週刊アスキー ニコニコ動画今​昔物語 技術部編 に出演して来ました

昨日行われた生放送。
週刊アスキー ニコニコ動画今​昔物語 技術部編に出演させて頂きました。
タイムシフト閲覧期間はたしか短かったはずなのでお早めに。



出演は開始30分くらいから
告知できませんでしたが、依頼から出演まで24時間なかったのですw

DM:ボルコンとはなんぞや

なんかボルコン杯界隈が騒がしいようですが、実はよく知りません。
大会で半数以上がボルビートだったとか?

要するにボルコンとはなんぞやって定義しようとすると、とても難しいんですよね。
クリーチャー数を減らしたりすると、クリーチャーでコントロールするボルコンはありだと思いますし。
禁止制限なんてやってたらきりがない。

個人的には「ジャッジによる審査制」が最適なんじゃないかなと。
リアル大会であれば、大会の対戦終了後に「ボルコンじゃない」ってジャッジ申請があったときに審査。
vaultであれば、大会終了後に優勝デッキをジャッジし、状況によっては失格。

それだけだとジャッジの判断によっていかようにも変わるので、
「このルールはあくまでも過去のボルコンと言われたデッキで対戦を目的とするための審査制です。
 ボルコンの定義の隙をついたビートデッキなどを抑止するために作りました。」
と明示し、過去のボルコン杯のデッキレシピなどを公開し、
「今回のジャッジはこれはOK、これはNG、これはOK、これはOKとします。
 このルールの隙をつこうとしている意識をジャッジが感じた場合は失格とします」
「なおレシピを事前に送っていただければ、
 ・完全セーフ(多少変更なら問題ないよ!)
 ・ギリギリセーフ(このレシピから動かさないならセーフ)
 ・アウト(多少の変更ではセーフにならないよ!)
 から判定します。」

みたいにすれば公平さはでるし、ルールの隙をつこうとする人もいないんじゃないかな。
ルールの隙をつくプレイヤーは粋じゃないという気持ちはわかるけど、定義が難しいものは、勝ち負け+審査制にしないと無理じゃないかなぁと思う。
これなら、超次元ありボルコンだろうがなんだろうが、ボルがいなくてもいいボルコンでもなんでもできるでしょ。

JK神星シャバダバドゥーを紙で立体化してみた

久々の新作です!
JK神星シャバダバドゥー!!
動画ではやんわり言ってますが、ほんとこの形状わけわかんなくて大変でした!
左右対称のキャラだとわかりにくい部分は反対側のパーツをみて解釈したりできるのですが、これの下半身はもう…
しかし、この末広がりの立体感の形状を出したので、かなり満足!
自分なりには迫力をうまく表現できたかな?



続きを読む

レギュレーションカモンビクトリー

最近面白いことをいろいろやってるランド速報さんですが、Kanju的にものすごく注目しているのが「レギュレーション:カモン・ビクトリー」
カモンビクトリーでカードを集めて、それでフィニッシュしなくてはいけないルールです。
かのドミニオンのデュエルマスターズ版です。
ルールも洗練されていて、これを知った時「全盛期の自分だったらこれを思いついてたのに!」と地団駄踏んだものです。

とてもおもしろそうなレギュレーションなので、ぜひみなさん遊んでやってください。

【DM】レギュレーション:カモン・ビクトリーのススメ ~ルール編~【vault】
【DM】レギュレーション:カモン・ビクトリーのススメ ~戦略編~【vault】

あのザキラ様の胸像がワンフェスで販売!

ツイッターより。あのザキラ様の胸像が発売されるようだ。




作者はなぞの原型師No.タカヒ
松本大先生に完全監修してもらったという豪華ガレキ。
ザキラ様大好きクラスタでガレキを作れる人は少ないかもしれないが、これを機にガレキを始めてみてはいかがだろうか?

バウライオンを使え!

デッキを紹介したいのだけど、vaultでカード検索しようとするとなぜか表示されなくて更新できないので、くろからすさんバージョンのデッキを紹介。多分こちらのほうが強いのでよいかと。

レシピはあとにして、生放送楽しいね!って話。

バウライオンが攻防アド一体で、ヘブンズゲートで踏み倒しできて強い!というところから、バウライオンを活用しようとヘブンズデッキを生放送で作っていたのですが、どうしてもうまくいかない。
で、くろからすさんが「マザーホールの方がいいんじゃない?」という一言から大変革。

2枚呪文を回収できて手札は十分。序盤にマナ加速呪文を打つといいということで自然との組み合わせを決定。自然だと、フェアリーホールから番長に繋げれば、5→8につながるので相性いいよね。と話をしていたら「パーツの大半が豪遊!セイント・シャン・メリーと同じだよね」「じゃぁくっつけよう!」
ということから、このデッキが完成しました。

バウライオンはヘブンズゲートだと相性が悪く、呪文を回収しても後続2体を追加しないと特になりません。
その点マザーホールなら、ブロッカー2体いれば十分というのが美味しいです。バウライオンで盤面を固めて(Λにも対抗できるパワー!)マザーホールを連打しながら、豪遊!セイント・シャン・メリーと勝利シリーズを揃えに行きます。
豪遊デッキは前から持っていたのですが、このシステムを投入することにより、いろいろな問題がかなり解決した感があり、非常にパワフルな動きをするようになり、豪遊と勝利を両方揃えることも可能になっています。

バウライオンとマザーホールの組み合わせはめちゃくちゃパワフルなので、ぜひガチプレイヤー陣営も馬鹿にせず研究して欲しいところです。

続きを読む

試作品

bwdws7.jpgうへ!気がついたら1月ブログ書かなかった><

切り絵折り紙という新しい(かもしれない)ジャンルを思いついたので試作。
記事にしようと思ってたら記事にし忘れた!
ここから夢は広がるけど、こっちに手を出すと中途半端なので誰かこれで一流アーティストになって「Kanjuが考えた」って言ってください。

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。