スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

DM:予言「ブラックボックスパックにて一気に殿堂解除」

ブラックボックスパックが1月に出るとのことで、個人的にそこで殿堂解除が一気に行われると予想しています。

理由1:大会と大会の間の時期
理由2:変なカードをたくさんいれても許される
前回のプレミアム殿堂カード収録の逆で、解除されたものが入ってくる
ディープオペレーション再録しても叩かれないのは、ブラックボックスパックだけ!
理由3:サファイア解除発表の反応が試金石で、そこで反応が悪かったら、ギリギリ差し替えが可能なタイミングだったのではないか?
(印刷所に出すにはかなり早い段階で確定情報を渡さないとスケジュール間に合わないので、もしかしたらもっと速いかも)

続きを読む

DM:3D龍解スリーブの作り方(の指針)

B2FF9iFCEAAAqWU.jpgちょっと3D龍解カードのスリーブを作れそうな方向性が見えたので報告。まずこのミーツ系列の100円均一のシーラーとスリーブを入手します

B2FBKrDCEAA8hia.jpgでシーラーでスリーブの入り口を閉じます。

B2FCnkXCAAArhcI.jpg横側を切ります。

B2FFTQZCIAACEQ0.jpg龍界カードに通して完成!!

と言うほど甘くはないのですが、理屈上は作れることは確認しました

ポイント:
・幅の調整がめんどくさい
・スリーブ3つつなげると美しいが難しい
・そもそも綺麗にシーラーを使うのが難しい

この条件を解決するとしたら、シーラにセットする型を作るのが一番いいかも。
あと、シーラーをギリギリで綺麗にやろうとすると難しいので、テープなどを使ってうまく引っ張りだす機構を作れば完璧。
・ココらへんをなんとかすると量産できる。
・量産できると人に譲れる。
・今、3D龍解用スリーブは存在しない。
・つまりスリーブをトレードに出してうっはうはだ!!
技術的めどはみせたので、あとはがんばろう!!



DMデッキ開発部がプロテクトに!?

遅ればせながら、デッキ開発部のプロテクトが絶賛予約受付中
人気投票の上位6人がスリーブになる豪華セット。イラストはジャスミンや、モエル、フォーエバー・プリンセス、メーテルなどのDM萌え担当のイラストレーターtanru氏

2800円で4セットなのでひとつ700円の常識価格。
さらにオリジナルのデッキケースまでついてくる!
送料無料は5000円からなので、2個買えば送料無料。二人で一緒に購入すればOKだね。

乾電池も使わないよ!

DMR 第一話「メルゲループの謎を解け!!」

ここはDASHの離れにあるとある雑誌編集部。
「デュエルマスターズミステリー調査班」通称「DMR」
彼らは日夜デュエルマスターズに関するなぞの調査を行なっている・・・

ナワヤ「キバヤシ!!大変だ!!またメルげループが大会を制した」
タナカ「またですか!?これで今月の大会の半数以上をメルゲループですよ」(※この数値はフィクションです)
イケダ「このままだと、来月にはアクア・メルゲか、盗掘人形モールスに殿堂を出さないとまずいのでは?」
タナカ「だけど、アクア・メルゲはブラックボックスパックに再録したばかりですよ!?開発部はテストをしていなかったんですか!?」
ナワヤ「なんだって開発部のやつらは間抜けなんだよ!!こんな簡単なコンボにも気が付かないなんて!!」
タナカ「でもデッキ開発部でも紹介されたくらいだから、気がついてないとは思えないですよ?」

キバヤシ「メルゲループを開発はすでに気がついていた・・・!?」

キバヤシ「そうか・・・そういうことだったのか!!」
ナワヤ「なにかわかったのか、キバヤシ!!」
キバヤシ「あぁ、俺達は重大な事実を見逃していた。メルゲループが猛威を振るうなんて、開発はとっくにお見通しだったのさ。」
全員「な、なんだってー!!」
キバヤシ「そして、このメルゲループには恐るべき秘密が込められていたんだ。」

続きを読む

DM:ボルコンとはなんぞや

なんかボルコン杯界隈が騒がしいようですが、実はよく知りません。
大会で半数以上がボルビートだったとか?

要するにボルコンとはなんぞやって定義しようとすると、とても難しいんですよね。
クリーチャー数を減らしたりすると、クリーチャーでコントロールするボルコンはありだと思いますし。
禁止制限なんてやってたらきりがない。

個人的には「ジャッジによる審査制」が最適なんじゃないかなと。
リアル大会であれば、大会の対戦終了後に「ボルコンじゃない」ってジャッジ申請があったときに審査。
vaultであれば、大会終了後に優勝デッキをジャッジし、状況によっては失格。

それだけだとジャッジの判断によっていかようにも変わるので、
「このルールはあくまでも過去のボルコンと言われたデッキで対戦を目的とするための審査制です。
 ボルコンの定義の隙をついたビートデッキなどを抑止するために作りました。」
と明示し、過去のボルコン杯のデッキレシピなどを公開し、
「今回のジャッジはこれはOK、これはNG、これはOK、これはOKとします。
 このルールの隙をつこうとしている意識をジャッジが感じた場合は失格とします」
「なおレシピを事前に送っていただければ、
 ・完全セーフ(多少変更なら問題ないよ!)
 ・ギリギリセーフ(このレシピから動かさないならセーフ)
 ・アウト(多少の変更ではセーフにならないよ!)
 から判定します。」

みたいにすれば公平さはでるし、ルールの隙をつこうとする人もいないんじゃないかな。
ルールの隙をつくプレイヤーは粋じゃないという気持ちはわかるけど、定義が難しいものは、勝ち負け+審査制にしないと無理じゃないかなぁと思う。
これなら、超次元ありボルコンだろうがなんだろうが、ボルがいなくてもいいボルコンでもなんでもできるでしょ。

あのザキラ様の胸像がワンフェスで販売!

ツイッターより。あのザキラ様の胸像が発売されるようだ。




作者はなぞの原型師No.タカヒ
松本大先生に完全監修してもらったという豪華ガレキ。
ザキラ様大好きクラスタでガレキを作れる人は少ないかもしれないが、これを機にガレキを始めてみてはいかがだろうか?

DM:全国を取るためにE2環境を今から学ぼう

秋葉原Fireballで行われる予定のE2限定大会
全国を狙う人なら出ない理由がない大会ですよね。いや、私はすでに諦めてるので出ないのですが。

前例を見れば地区代表決定戦は、E2限定大会で行われる可能性が高いです。
店舗予選はすでに突破するノウハウはあるわけですし、全国を狙うレベルを持っている人なら権利獲得は難しくありません。E2限定大会を突破するのが最も至難の業なのは異論がないかと思います。
ガチの世界から離れてますが、もし自分が本気で全国を狙うのであれば、間違いなく今からE2限定大会を照準にいれます。

もちろんE2環境はこれからカードプールが増えて、環境はめまぐるしく入れ替わります。下手すると今の倍になるので今作ったデッキはおそらく役に立ちません。しかし、今からE2環境に慣れておく理由はなぜか?

理由は「E2脳を作る」この一言につきます。

E1環境などの限定構築環境でデッキを作ろうとした方は、デッキ構築やテスト中「あ、あのカードE1にない!!」「考えてみたら対策しようと思ってたカードはE1にないや」なんて思いをしたと思います。
通常環境にやりなれてしまうと、いざカードプールが揃ってからデッキを作り始めても、間違いなく慣れ親しんだ環境が足かせとなってしまうんですね。
たしかディアボロスZの時だったか地区予選の当日に新弾発売日なんてこともあるわけです。カードプールが揃ってからの研究は圧倒的に遅いです。それだったら、今からE2環境のカードプールを知識ではなく、感覚として叩きこむのが、他のプレイヤーから一歩先を行くのに間違いないと私は考えています。

たとえ現在カードプールが半分だとしても、今から実践を積んでおいて環境独特の動きを少しでも肌で感じておく優位さというものがわかるでしょうか?
よし今から鍛えよう!…と思って、現在E2環境の大会がどれだけあるか?という話です。
そう考えると秋葉原FBのE2限定大会がどれだけ価値を持つ大会かわかると思います。賞品もいいから間違い無く強い人が集まってきますしね。誰とは言いませんが強豪プレイヤーも注目してるようですし。

秋葉原FBはお世話になってるのでステマ臭がするかもしれませんが、自分が全国に行くつもりだったらこんな美味しいノウハウ公開しません。秋葉原FBのためにもなり、自分が全国に行くつもりがないからこそのノウハウ公開です。一応シャドーボックスもこういう戦略を考えて動いているんですね。

指を加えてカードプールを揃うのを待ちますか?
今からE2脳を鍛えて大会に参加しますか?

秋葉原Fireballの深夜大会に参加!

秋葉原Fireballの深夜販売&世界最速トッキュー8に参加してきました!
徹夜無理なので、参加する予定は微塵もなかったのだけど、たまたま紙切仲間と秋葉原で飲むことになって、終電近くで汗汗する時間になったのでせっかくなので参加してきました。

結論から言うと、深夜ならではのハイテンションさ。体力が厳しいのがわかってるから温存するゆるさ。そんな中で、新弾を開けながらカードについて語る。という、このときにしか味わえない時間をすごせて楽しかったです。

会場にはDeadmanを始めとした常連やら、有名プレイヤーなどお馴染みの面々。
トッキュー8は引いたカードが全体的に重く、実際のプレイでも序盤に有効打となる行動がとれずその差を返せずに負けるというパターンで、ぜんぜんだめでした。

トッキュー8のあとは、探していたプレーンチェイスを購入して対戦。これは面白い!その場でもう一個買って、3つになりました。この中からデッキ限定過ぎるカードを抜いて、だらだらEDH向けにしよう!

さらにその後は緊急非公認大会開催。そのばでシュウ君に借りた豪遊デッキで参加するものの撃沈。
ハンデスがタッチしてあるものの、タイミングをつかめず扱えなかった。
やっぱりストレートにやりたいことをやるほうが好み。

で、そこになって始発が動き出したので帰宅!
参加した皆さんありがとうございました。たのしかったです!
こういう独自企画は面白いですね。
Fireball秋葉原店では、7/1(日)のE2限定構築大会も開催予定。
参加費200円でボックス1個(4000円くらい?)で、参加費:賞品比率は20倍。
1000円で20000円くらいCS並みのコストパフォーマンスを誇る大会なので、参加してみてはいかが?

続きを読む

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。