スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝率へ影響する要素

勝率に影響する要素ってどれくらいあるかなぁ。って人それぞれかと思うのですが、TCGだと優勝する人を100点満点として、これくらいかなぁと思ってます

デッキ 30点
プレイングスキル 25点
運 30点
その他 15点

で、これをベースにどれくらいの充填ができているかで、大会への準備度が図れるのかなと。
デッキを最新のにコピーしてもプレイングが10点、運が標準の15点とすると、55点の到達度。みたいな感じです。

自分がよく考える戦略は、「練習時間が取れない時は、できるだけ速く決着をつけるデッキを使う」という方法です。

続きを読む

スポンサーサイト

真のガチ勢に向けた最強の大会用調整方法

最近は脳のパフォーマンス向上を狙うように生活をしています。
でも、これってTCGに応用するといいよね?と思ったので、自分だったらこうするよというシェア。

■必要性
・脳みそって常に最高の状態で動いてるわけはないよね。
・それを最高に近い状態で動かしたら、プレイングに明確な差がでるよね。
・特に大きな大会の後半戦はつかれている同士の対決だから、後半戦まではいけるけど、トップまで行けない人は、実は"脳のスタミナ"に決定的な差があるのかもしれないよね。
・脳のパフォーマンスをあげる施策に成功すると、煮詰まっている環境で決定的な一歩の差ができるよね
・脳のパフォーマンスを上げる施策は、環境が出揃ってなく、大会の準備ができない平時に行えるよね

続きを読む

カジュアルプレイヤーから見た、尊敬するガチプレイヤー、3つの共通点

ガチプレイヤーに心の底から負けを認めて、完全にカジュアルプレイヤーであると認識して、高いカードを買わないようになってだいぶ経過しました。ツイッターなんかで、(自称)ガチプレイヤーを皮肉ってる姿をよく見ると思いますが、カジュアルなだけに(自称)ガチプレイヤーにはいろいろ言われたりしててついからかいたくなりますが、本当のガチプレイヤーは尊敬してます。昨日GP京都のJSPEEDさんの姿勢とかは本当にすごかった

自分はカジュアルプレイヤーの中でかなり特殊な立場にいると思ってます。自分で言うのもなんですがシャドーボックスという武器があるので、結構(元も含む)プロプレイヤーレベルの人とゆっくり会話したりする経験ってのが少しは多いのではないかなと思います。
そのレベルの人同士だと気づいていないっぽいのですが、プロプレイヤーレベル同士、いくつか同じ3つの共通点があるというのをとても感じます。

1.真剣勝負そのものが好き
もう勝つか負けるかのスリルそのものが好きで、常に勝負を求めているので連戦が苦になりません

2.死ぬほど負けず嫌い。常人と違うレベルで負けず嫌い
負けることを人より極端に悔しがります。負けた時に言い訳するとかそういうレベルじゃないです。そんなことをするなら負けを素直に認めて練習、研究して次に絶対に勝つ。それくらい負けるのが嫌い。そんな印象を受けます

3.勝負と違うときの切り替えがうまい
その闘志は話の節々に感じるのですが、平常時は本当に普通の人です。たぶんこれができない人は、勝負とそうでないときの切り替えができずコミュニティから阻害され情報格差で上に上がれないのではないかという仮説を持ってます。

そういう経験をすると、そこら辺に転がっている自称ガチプレイヤーと意識レベルが違うし、自分は甘くて全然勝てない…というのをすごく痛感します。

自分は負けず嫌いだけど、勝負好きじゃないんですよね。タイマン勝負的な形に向いてない。そういう意味でシャドーボックス的世界の方が性に合っているなとは思ってます。本当のガチプレイヤーになりたい人は参考になったでしょうか?

ガチ勢とカジュアル勢の違い

最近、ガチ勢とカジュアル勢の違いというものをよく考察してました、カジュアル勢代表としては自称ガチ勢の人たちに煽られるのに我慢ならないわけです。
で、最近考察してて思ったのは、ガチ勢、カジュアル勢の分類は本当は
 ガチ勢=プレイング好きの方が好き勢
 カジュアル勢=デッキ構築の方が好き勢
と分類したほうが実態にあってるのではないかなという仮説を立てているのです。
これはティミー、ジョニー、スパイクとはまた違う新しい分類なのではないかなと。
 ・ティミー、ジョニーはデッキ構築のほうが好き勢
 ・スパイクだけど実は流行をさらりと抑えているだけなのがプレイング好き勢

続きを読む

ガチ・カジュアル論争

TCG界はガチとカジュアルの亀裂がよく見られます。

ガチ、カジュアル論争。
昔からこうやってデッキを3つ持つことで、いろんな人と仲良く遊ぼうぜ。
というのがKanjuの持論。
だって、俺と主義主張が違う奴とは遊ばないってのおかしいじゃん?

後最近そこの意見にひとつ加わった。
「相手に合わせられないベテランプレイヤーは人としてコミュニケーション力が少ない」
だってそうでしょ?それくらいは合わせてあげようよ。
ガチプレイヤーは構築済みデッキでも使えばいいし、カジュアルプレイヤーはガチの一番強いパーツを諦める程度の安デッキは構築できるでしょ?それくらいやろうよ。人として。

持ち運び用プレイマットを作ろう

今頃プレイマットの良さがわかってきたKanjuですが、あの持ち運びの悪さがいやだ。
だから賞状入れとかに入れて持ち運ぶいる人がいますが、あれもいやなので、プレイマット自体を改造して持ち運べるようにしました。
ただし、折り目がつくので、あくまでも実用性重視の方向けです。

続きを読む

明日からでもすぐにできる勝率を10%上げる方法

■ガチの人すら知らないシャッフルの強さ
【デュエマ 不正】岡山CSでの積み込み疑惑を発端にシャッフルに関する議論が勃発&公式ルールとかまとめ
こんな話題がでていて悲しい。
何が悲しいか、「ガチ」を自称する連中が「シャッフルするだけで勝率を簡単に上げることができる」ことを知らないのが悲しい。シャッフルをきちんとやるだけで、CSなどの大きな大会では確実に勝率をアップできるのだ。

要点は「シャッフルするとき、デッキの中身を見てカードの固まりを散らす」行為、これを常習的にやっている人がいる。このデッキは「散らしている状態で正常に動く」調整をしているため、「きちんとシャッフルすれば事故の発生確率が上がり勝率が上がる
それを今から説明しよう。

続きを読む

TCGとクレジットカードの微妙な関係

TCGとクレジットカードの関係は「カード破産してしまったwww」ってダジャレを言うためだけではありません。あくまでも自分の感覚からの推測ですが、不思議な関係があるように思えます。

クレジットカードでも、ギャンブルでも、借金でも、いま話題のソーシャルゲームでも、問題になるとき共通しているのは「前借したものをきちんと借金として理解できない」ことです。搾取する側の人たちは意図的にそこを狙っています。

人間は「紙の札」や「コイン」を受け渡すことで、自分の資金を移動したことを”実感”するようにできている気がします。
現金で100万円支払うのと、クレジットカードで100万円の買い物をすること。
本質的にはほとんど同じですが、たぶん殆どの方がクレジットで100万円の買い物をしたとき、「自分の資金が100万円減った」という感覚が薄いと思います。だからこそ、本来のカード破産をする人がでてくるわけです。
ここに気をつけないとどんどんお金を吸い取られます。私もクレジットカードをネットショップの買い物以外、使うのをできるだけ避けています。その理由は「お金を使った実感がない」からに他なりません。

なんで現金を使うと減ったという実感がわくのか?
現代人は「紙の札」的なものを動かすことに快感を覚えるようで、TCGが面白く感じるのは、その本能的な部分を刺激するからではないかとも思います。MOやvaultでやるTCGがダメとは言わないけど、本物のカードの刺激がイマイチたりないのは、その部分も要因の一つなのかもしれません。手札パチパチをしてしまうのも、その本能を刺激するからと考えると、実は合理的とも思えてきます。

そこからさらに考えると、こういったクレジットなどの支払いにおいても「減った」ときちんと実感できて、冷静に行動できるような属性を持った人、すなわちネットでのカードゲームの方が快感を覚えるような人こそ、次の世代の人類を担うのにふさわしい人たちなのかもしれません。

なんてことを想像してました

最強のシャッフル方法

昔TCGを始めた頃、友人に「いいシャッフル方法を教えてやる」と言われました。
それは、土地だけの束とそれ以外のカードをしっかりシャッフルしたあと、

土地、その他、その他、土地、その他、その他、土地…

と並べるのです。
その後、バフバフとシャッフルを数回やれば、次に何が来るかわかりません。
土地がうまくバラけてくれるので、事故が起こりにくくかなり強いです。
デュエルマスターズでやるなら、トリガー、その他×4ってやるといいでしょう。

…これ、本当に大丈夫?

続きを読む

TCGにおける「勝者」とは?

1週間更新してなかったので、なつきさんの記事にのっかってみます。

強くないけど実績のあるプレイヤーという貴重な立ち位置にいるので、カードの勝利ってのはもう大したことはなくなってます。
「シャドーボックスの方が有名な割には強い」の立ち位置を稼げれば十分かなと

そういう意味で下品なことを言えば、何か実績を出して周りに「おぉー」とか言ってもらえる承認欲求を満たせると勝ちなんですよね。それを得るためにいろいろやる。
勝ちを得るのも、芸を見せびらかすのも、シャドーボックスで何かをやるのも、最後は承認欲求が来るのではないかと思います。

で、なんで承認欲求を求めるかというと人間はよくわからないけど、そういうことが気持ちいいんですね。
本能丸出しになると結局そういうところになっちゃうのかなと。

でも、本能丸出しにするといろいろと下衆なことをしはじめちゃいます。
それって後から考えるとかなり恥ずかしいしなさけない。
自分もいろいろやられましたw
でももし自分が本能のままそういうことをやったら、あとから思い出したら恥ずかしいので、できるだけクリーンに勝利していきたいですね。

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。