スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟子の売れない独楽

レガシーで禁止カード出して、デッキをつぶすなら、代替のカードを統率者とかにねじ込めばいいのにって思ってます。
レガシー専用で、師範の占い独楽で、デッキをつぶさないギリギリのラインということでオリカを考えました。

弟子の売れない独楽 (1)
アーティファクト
(1)(T):占術1
1点のライフを支払う:弟子の売れない独楽をアンタップする

占術2は軽くするとすごく強くなってしまうけど、占術1だと物足りない。
そのバランスを考えてこんな感じに。
タップする能力をつけるとライフ分だけタップ能力がつくのでちょっと危ないので、独楽の自己防御力の再現も兼ねて、被覆をつけるのもあり
スポンサーサイト

オリカ:「レガマスで再録できて、既存のデュアルランドすみ分けできるデュアルランド」

レガマスが発表されましたね。
気になるのは、デュアルランドが再録されるか・・・となると、再録禁止リストにより再録されないのはわかっているので、再録されるとしたらどんなカードになるかを考えました

条件は
1.デュアルランドと同じ動き(フェッチからサーチして、ノーリスクでアンタップイン)し、強さ的にはほぼ互角にする
2.再録禁止に引っかからない
3.実質的に再録と同じ役割を果たす(すでにデュアルランドを持っている人が、新たに集めないデザインにする)

続きを読む

MTG:オリカ僕の考えた最強のゲートウォッチの誓い

ゲートウォッチの誓いが公開されましたが、個人的な無色のイメージに違和感を感じたので、自分で考えてみて比較してみました。

■目標:
無機質で、予め決められたプログラムに従うようなクリーチャーが暴れまわる
「クリーチャーが何かをする」能力はつけず、「自動追尾スタンドを派遣して、相手に選択を迫る」イメージ
相手が脅威を感じることは許可するが、脅すようなことはしない、避けるようなことはしない
呪文などの効果も、徹底的に破壊尽くされた廃墟を形作る。
パーマネントには対処できるが、あまり素早く、器用ではなく、多様性が低い。なんとなく偶数優先

■能力的に置き換えると:
○強い能力:
追放、落とし子への置き換え、無色マナ加速

○弱い能力:
知性はないから”ドロー”はしない(ただしパーマネントを操作して出したり加えたりはOK)
相手に避けさせる能力(威迫は不可、わざわざ脅すようなことはしない。畏怖は許可。相手が勝手に恐れる)
相手を避ける能力(わざわざ隠れるようなことはしない。飛行やシャドーは、移動手段として使用し、すれ違わないだけなので許可)

○クリーチャー
大きいものは貫通力がない。代わりに除去力がある。
無機質なので、P/Tは完全一致(コストに色を含む欠色は許可)、またパワー0は例外的に許可
クリーチャーは特定のキーワード能力にセット能力がつく。
・(X): このターン、対戦相手は、可能な限りX体のクリーチャーが攻撃かブロックに参加しなくてはならない。Xは(無)で支払う
 (脅威が迫ってきて、犠牲を払ってでも誰かを出さなくてはいけないイメージ
・(無)(無):デッキトップをめくって、無色カードなら手札に加える
 (ドローの代わりの能力
・警戒、接死、攻撃かブロックは参加強制。この3点セット(攻撃、防御、帰還を自動で行い、相手は必ず道連れにする)

■こんなざっくりとした基準で、ゲートウォッチの誓いの無色カードの違和感を修正してまとめてみました

続きを読む

MTG:オリカ「(X)マナ専用土地」

デザイン案1
土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(2)を加える。このマナは、(X)を含むコストにのみ支払うことができる。

デザイン案2
土地
この土地はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(3)を加える。このマナは、(X)を含むコストにのみ支払うことができる。

(X)マナが地味なことが多いので、それを強くするための土地。
デザイン案1ならスムーズに採用されそう。デザイン案2はちょっと踏み込んだ内容でテストが必要ですね。

続きを読む

MTG:オリカ「杞憂」

杞憂(1)(青) インスタント
呪文一つを対象とし打ち消す。この呪文は第一メインフェイズ、戦闘フェイズには唱えることができない。

コンスピラシーの続編くらいに入れることを想定したカード。
狙いとしては「初心者と上級者の格差を埋めつつ、レガシーにも影響を与えるカード」
どう見ても強いのですが、初心者のしがちな「戦闘前に呪文を全部打っちゃう」行動を止められないのを狙っています。
レガシーに影響を与えるバランスは、どこが適切か読めないので適当です。
「(青)にコストを下げる、(青)(青)か(青)(1)でドロー1枚加える」あたりが調整ポイントでしょうか。

続きを読む

MTG:オリカ「アンタップインの構築に採用される3色ランド」

ツイッターで、「タルキールではアンタップインする3色ランドで構築に入るものに挑戦して欲しい」という書き込みを見かけたので、オリカで挑戦しました。
3色ランドのポイントは、「2色よりデメリットが重く、5色よりデメリットが軽い。」ということです
この絶妙なラインを狙わなくてはいけません。
そんなわけで考えたのがこれらの土地

続きを読む

オリカ:MTG「超地雷原」

超地雷原 (4)(白)(白)
インスタント — 罠(Trap)
罠発動(3)(白)(白)(あなたはこのカードを、(2)を支払うことで「(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。」を持つ土地として裏向きにタップ状態で土地としてプレイしてもよい。その罠発動コストを支払うことで、それをいつでも表向きにしてプレイしてもよい。)
すべての攻撃クリーチャーを破壊する

次のブロックは変異がモチーフとのことで、個人的に好きな(だけどデザイン的に惜しい)遊戯王の罠カードに変異要素を混ぜたデザインです。

続きを読む

オリカ:湖畔を旅する戦士

すげー久々のオリカです。

湖畔を旅する戦士3上昇する大渡り鳥3

能力の存在意義としては土地事故を減らしたゲームにしたいというのが動機。DMのカードの移植という側面もあります。永住能力自体はオリカとしては平凡ですが、カードデザインが工夫して、全面イラストを採用し、土地として逆さまにして出した場合も、土地っぽいデザインになるというのがポイントです。

湖畔を旅する戦士は、水面に写った山が山として扱い、上昇する大渡り鳥は背景として写り込んでいた島が錯覚で普通の島に見えるというのを仕込んでます。フリー素材でそれっぽいのを探してきたので適当ですが、狙ってイラストにしたら面白くなるはず。

続きを読む

MTG:オリカ「友好色剣を考える」

生放送中に考えたオリカだよ!
生放送中にでたアイデアをベースに、能力の入れ替えなどを行い練り直しました。

■テーマ
未来のミラディンブロックで友好色剣がもし発売されたら。
コンセプト
・対抗色剣より気持ち弱い
・2つの能力がなんかシナジーしそう(=能力の方向性が近い)
・ただ強の対抗色に比べて、構築段階で計算して作る感じ。

■たぶんこれは守ったほうがいいだろう
・テキストは短め(書き切れない)
・既存の剣と似た能力はいれない
・色の能力はきちんといれる

■注意
・+2/+2やプロテクションのお約束のテキストは抜きました
・フランクに書いてます。ライブラリがデッキとか書かれてて怒るな。怒るなら清書してください。お願いします。

続きを読む

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

10  05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。