EGH:多人数戦ルールver1.00 & EGH ver 0.7

テストプレイも無事行えたので、多人数戦とEGHルールの新ルールです。
EGHはルールが大幅に変わってしまい、混乱させてしまいますがルール簡素化を優先させていただきました。
候補案からの変更点のみ赤字にさせていただきます。
■多人数戦ルール
○シールドにある全ての呪文はS・トリガーを得る。
○プレイヤーが3人以上いるとき、S・トリガーで使用したカードはそのターンの終わりまで、シールドをブレイクしたプレイヤーとそのプレイヤーのカードはを選ぶことができません。
○先行ドローあり。

------------------------------------------------------------------
普通のデッキで戦うルールです。
前回の多人数戦ルールから、3人以上のときの条件が逆転しました。
ビート系のプレイヤーが有利ですが、一騎打ちになっても「呪文はトリガーを得る」のルールが生き残っています、
シールドをたくさん残して一騎打ちに持って行くと不利になるので、一騎打ちに持って行くまでの闘いをうまくやらないと敗北してしまいます。
日曜のテスト戦では《ラスト・バイオレンス》のS・トリガーが大活躍してました。
誰が先行かとか周りの順番は適当に決めてください。
------------------------------------------------------------------

■多人数戦拡張EGH構築ルール
○プレイヤーは、あらかじめクリーチャーを1体、自分の“ジェネラル”として選びます。

○殿堂ルールを適用します。

○EGHのデッキは70枚+ジェネラル1枚のみで構築され、複数の同名のカードがない通称ハイランダーデッキで構成されます。

■多人数戦拡張EGHルール

○多人数戦ルールを適用します。ただし、シールド7枚、手札7枚でスタートします。

○ジェネラルはサイキッククリーチャーとして扱い、超次元ゾーンにおきます

○ジェネラルが超次元ゾーンにあるとき、ゲーム中1度だけ正規のコストを支払い召喚することができます。

○ジェネラルがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに、持ち主の墓地に置きます。

------------------------------------------------------------------
ここまで短くなりました。
ジェネラルを複数回呼び出すには超次元呪文が重要になってくるので面倒ですが、逆にらしくていいかなと。
そのかわりジェネラルブレイクをボルメテブレイクにしてしまい、ジェネラルの強化とゲーム展開のスピードアップを図りました。
ジェネラルを複数回呼び出すために超次元呪文を大量に詰む必要があるため、明らかに赤と黒が有利な状態なのは今後の展開に期待しましょう。
また防御に関してはシノビ、ストライクバックが重要になってきます(トリガーでないので対象に取れる)

多人数戦の醍醐味は他人とのかけひき。
EGHをくまなくても多人数戦ルールで面白いことができるので、まずはぜひ体感してみてください。

裁定に関しては、明日か明後日くらいに更新予定です。
スポンサーサイト

コメント

2人用EGHを考えているのですが、EGHのルールについて質問です。

Q,ジェネラルと同名のカードを通常デッキに入れても良いですか。(「ジェネラル含めた71枚でハイランダー」なのか)

多人数の駆け引きを捨て、代わりにプレイ人数が集まらなくても出来るEGHにしてみようと思います。
ちなみに自分は5色デッキにしてジェネラルを《晶鎧亜スペクトライト》にして遊んでみています。
計10枚のホールから出てくるのが魅力ですね。

質問ありがとうございます。
ジェネラルを含めた71枚でハイランダーです。
この点曖昧でしたね。

五色ジェネラルはホールからいくらでも出てくるのが強いですよね。
遊んでみてこうして欲しいとかありましたら、是非意見を聞かせてください。

たびたびすみません。

Q.「ジェネラルはサイキック・クリーチャーとして扱う」ということなので、
 《爆竜ハリケーントプスXX》や《ショーブ・アイニー》の能力でジェネラルを出すことは出来ますか?

正直前回以上に「そんなこと聞くなよ」ってレベルですが、自信が無いので・・・


ちなみに2人用EGHでは、バランス調整のため、
・呪文はすべてシールド・トリガー
・ジェネラルは常にボルメテ能力

の2つを廃止させていただきました。
かわりに「ジェネラルで攻撃する時1回だけジェネラルブレイク宣言ができ、そのブレイクはボルメテ能力に」
を採用しました。初期シールド、手札の枚数は5枚か7枚か考え中です。

>封魔カオスさん
質問ありがとうございます。
超次元呪文以外の効果でもジェネラル召喚は可能です。
理由としては、ジェネラルはサイキッククリーチャーと定義されているため、サイキッククリーチャーを呼び出す効果であればいかなるカードでも召喚可能だからです。

二人用EGHはその形がバランス良さそうですね。
シールド手札は5枚まで減らすと、序盤のクリーチャーで勢い勝ちしてしまいそうなので、6枚か7枚がよい気がします。
非公開コメント

トラックバック

【DM・EGH】シンプルイズベスト・・・なのか・・・?

EGHv0.7とそれに伴ってベーシックなフォーマットである多人数戦ルールv1.0が公開されました。 モノーキブログカード館 EGH:多人数戦ルールver1.00 & EGH ver 0.7( http://monoki.blog78.fc2.com/blog-entry-1560.html ) モノーキブログカード館 多人数戦ルール ver1.0...

プロフィール

Author:Kanju
デュエリストとしての力を生贄にし、シャドーボックスの人として覚醒。かつてはマイアース2009年東日本チャンピオンになるほどの強豪プレイヤーだった(参加者10名)

シャドーボックス作成のご依頼、ご相談はこちら(お仕事も可)
kanju■fine.ocn.ne.jp(■を@に)

各種展示会等に出させてもらってます。展示、メディア紹介実績こちら
カード系、アニメ系、美術系、どのジャンルでも作成可能です

バナー

月別アーカイブ

05  04  01  11  10  07  04  03  02  01  12  11  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  10 

ブログ内検索